【脱サラへの道】ドロップシッピングサイトをWordPressで作る

皆さん、こんばんは。

週末ブロガーのマッサーです。

昨日から3連休が始まり、明日にはその3連休が終わってしまう…早いもんですねぇ。皆さんはきちんと貴重な休日を楽しんでますか?

この3連休は関東は比較的天気も良いらしく、絶好のお出かけ日和だということで、今日は朝から色々と足を運んでみました。土浦魚市場とか、あみプレミアムアウトレットとか。そちらに行った時の記事はまた今度書きますね。

さて、今日は表題の通り、「脱サラへの道」シリーズです。

ドロップシッピングサイトをWordpressで作る

以前、ドロップシッピングのホームページを作りましたとお知らせしましたが、これがWordpressで作成できることが分かったので、あっさりとWordpressでの運用に切り替える方向に舵を切りなおしました。(^^;

理由としては2つ。

  1. 自分の独自ドメインで作成した方が、後々アクセス数が多くなるかなぁと単純に思ったから。
  2. HPデザインを自分の自由に変更することができるから。

このまま、もしもドロップシッピングのドメイン使ってても良かったんですけど、やっぱりアクセス数を伸ばしたいのなら、自分のドメインを育てていくのが懸命なのかなと思ってます。まぁ、今後ある程度の期間運用してみないと分からないですけどね。デザインも、もしもドロップシッピングのサービスしか使えなくて自由度が制限されるのであれば、自分で好きなようにデザインできた方が、やってて楽しいですよねっ!

あっ、ちなみにまだまだ途中ですが、こんな感じで現在サイトを構築してます。(画像をクリックすると実際のサイトにジャンプします。)

WordPressでの構築に必要なもの

もしもドロップシッピングのサイトをWordpressで構築するためには、次の2つが必要になります。

WordPressのサイト

これは基本中の基本ですね(^^;

とりあえず、レンタルサーバに自分のWordpressサイトを構築しましょう。ちなみにボクが借りているレンタルサーバは「Xserver」になります。他にも色々レンタルサーバがありますが、ボクは元々「Xdomain」で無料のサイトを構築していたので、そこから乗り換えるのに簡単な「Xserver」にしました。

どのくらい簡単かはこちらの記事をどうぞ。簡単さだけは伝わってくるはず!

もしもドロップシッピングのユーザ登録

WordPressのサイトを構築したら、もしもドロップシッピングにユーザ登録をしましょう。こちらはもちろん無料で出来ます。

もしもドロップシッピングのプラグインを導入

ここまで来たら、次はWordpress用のプラグインを導入します。使い方は以下のプラグインを提供しているサイトに載ってますんで、こちらを参考にしてくださいね。

多分、ボクが拙い説明で教えるよりもずっと分かりやすいはずです!

さぁ、ドロップシッピングを始めましょう!

ここまで来れば、自分のネットショップをWordpressで持つことが出来ちゃいます。ネットショップを始めたいけど、いきなり会社を辞めて本業にするのは怖いという方(=ボクと同じ考え方の方(笑))、まずはドロップシッピングから始めてみましょう。まずは…

目指せ!初売上!!

それではまた。

【脱サラへの道】ブログのSSL化(検索順位を少しでも上げるために)

皆さん、こんばんは。

週末ブロガーのマッサーです。今日は週末ではありませんが、時間があるので少しだけ更新します。と言っても、過去に書いた記事のアップデートになりますが…。

昨年の10月末に、このブログを XServer に乗り換えて、ブログを SSL 化したよ!っていう話をしましたが、うん、なかなか良いですね〜。




ボクもこの「運用サイト数140万件突破!」って中の一人ですね。笑

何が良いって、

  1. 動作が安定している。
  2. 使える容量が多い。
  3. 管理が簡単。
  4. マニュアルが結構しっかりしている。
  5. 使っている人が結構いるので、WEBでXServerに関する情報が入手しやすい。
  6. アクセス解析もボタン一つで設定。

やっぱり、使っている人がたくさんいるっていうのは一番良いです!必要な情報はXServerの管理パネルのマニュアルからも得ることは出来ますけど、やっぱり実際に設定をした人などの情報を参考にするのが圧倒的に分かりやすので、出来るだけ利用者が多いサービスを使うのは良いと思います。それに、使っている人が多いってことは、それなりに良いサービスだっていう証拠にもなりますしね。(悪いサービスを使う人はいないと思えば、当然といえば当然ですよね。)

ということで、皆さんもサーバを乗り換えるなら XServer を候補にしてみてはいかがですか?




過去の記事はこちらです〜↓


# 公開日時: 2017年10月29日

皆さん、こんばんは。

本日2回目の書き込みになります@週末ブロガーのマッサーです。平日ブログを書くのが最近ヒジョーに困難なんで、書けるうちに書いておこう作戦です。笑

さて、今日は表題の通り、今回の記事は「脱サラの道」シリーズです。

脱サラをするには、給料以外の収入(=副業での収入)を得られるようにならないと、危なっかしくてダメですよね〜。元手になるのは会社を辞めても困らない程度の収入。それを実現するために、ちょっとでもブログの検索順位をあげてGoogleアドセンス等の収入増加を狙ってくために最近行った取り組みをご紹介します。まぁ、今回は自分のモチベーションを上げるための記事…って感じでしょうか。

ブログのSSL化

ひとまず、Googleの検索順位が下がらないようにするために、ブログのSSL化を行いました。10月から、SSL化したページを優先的に検索結果の上位に表示するとGoogleからお達しがあったので、検索順位を下げられないようにするための対応です。

XdomainからXServerに乗り換え

まずは、今までXdomainの無料サーバで運営していたブログを、有料ではありますがXserverに乗り換えました。もちろん、それまで使っていた独自ドメインもXserverで使えるように移行しています。XdomainではSSL化が出来なかったので、レンタルサーバの使用料はかかりますけど乗り換えることにしました。

ちなみに、XdomainからXserverに乗り換えるのは同じ会社が運営しているということもあり非常に簡単でした。やったことはたったこれだけ。大きく分けると3ステップの作業のみです。


① MySQL、Wordpressのバックアップ

まず、MySQLとWordpressのバックアップです。

MySQLはXdomainのWordpress管理画面から、データベースのバックアップが行えるので、そこからバックアップファイルを作成します。

WordPress自体は、FTPソフトで接続先ディレクトリにあるwp-content以下を全て取得(バックアップ)します。まぁ、以下全部じゃなくても良いんですけど、面倒なので全部取ってきちゃった方が安全です。ちょっと時間はかかりますけどね。(^^;

② XserverでWordpress設定

Xserverに申し込んだら、Wordpressのインストールを行います。Xserverの場合は、Wordpressをインストールする際にMySQLデータベースも同時に作成してくれるんで、一緒に作ってもらっちゃった方が楽チンです。その後、MySQLのユーザを作成し、それを管理者アカウントに設定します。

③ バックアップ類のリストア

まずMySQLのバックアップファイルを作成したDBにリストアします。これはMySQLの管理画面から、バックアップ用に作成しておいたファイルをインポートするだけです。

WordPressのバックアップファイルは、FTPソフトで新たにXserverに接続して転送をするだけです。ちなみに、転送するフォルダは接続先直下にドメイン名でフォルダが出来上がっているはずなので、その配下のpublic_htmlフォルダ以下に取得したwp-contentをそのまま転送するだけです。


はい、これでおしまい!

終わりに

ざっくり説明でしたが、これだけ見ると「お、意外に簡単じゃん!」って感じでしょ?アフィリエイトしている方は、できるだけ早くSSL化しておいた方が良いですよ。

それではまた。

【日本の美を求めて】金沢にある日本を堪能してきたよ!(Part6 武家屋敷跡 野村家)

皆さん、こんにちは。

またしても週末に台風が近づいて来ているので要注意ですよ!@週末ブロガーのマッサーです。あぁ、本当に週末しか更新できてなく、この状況に一人で悶々としています。(^^;

さて、これは告知になりますが、そろそろブログのSSL化に本気で取り組んでいくべく、サーバの乗り換えをいたしました。

実はこのブログ、Xdomainの無料サーバを利用させていただいてたのですが、このままではSSL化が非常に困難ということで、Xserverの方に乗り換えさせていただきました。Googleさんの話だと、SSL(https)化しないと検索順位が下がっちゃうらしいんです。今まで結構書いてきたのに(といってもまだ100記事にも満たないですが…)、そんなことされたんじゃたまらんっ!駆け出しアフィリエイターには特に辛いので、ここは意を決してXserverに乗り換え!

ひとまず、無事にXserverに移行ができました。良かった良かった。Xserverに掲載されていた移行方法と、こちらのサイトを参考にさせていただきました。どうもありがとうございました!

さて、話は変わりまして、今日は非常に感動した、金沢の武家屋敷跡のお話です。

武家屋敷跡 野村家

加賀藩の武将だった「野村伝兵衛信貞」の屋敷になります。前田利家が金沢城に入場した際に、直臣として従った武将なんだそうです。

場所

野村家の場所はこちらになります。

こちらも金沢城公園兼六園から十分歩いていける場所にあります。金沢は観光名所が全部歩いていける距離にあって良いですよねぇ〜。野村家の周りは、「長町武家屋敷跡」と言われていて、かつての武家屋敷が連なっていた様子を今に残す街づくりとなってます。歩いているだけで、江戸時代にちょっとだけタイムスリップしたような気分になります。

街の情景

では、実際に歩いた街の様子を。

こんな佇まいの家が何軒も並んでて、風情あふれる街角になってます。着物でも着てあるていれば、本当に江戸時代に来たような、そんな感覚にもとらわれてしまいますね〜。あぁ、本当に良いところだったなぁ。

門構えが凄かったので、思わずパシャリ!昔はこんな門がある屋敷って、いっぱいあったんでしょうね。

野村家

さて、それではボクが非常に感動した野村家の内部に潜入です!ちなみに、玄関先は何故か写真に撮ることを忘れてしまっております。ごめんなさーい!

部屋の中

素晴らしいですよねぇ。古き良き日本家屋。謁見の間っていうのがあって、奥の部屋が手前の部屋に比べて1段高くなってます。麩とかの装飾も、写真では分からないですが素敵でしたよ〜。

こちら、堂々とした日本庭園になります。うーん、やっぱり素人の写真じゃ限界があるなぁ。手前が縁側になっているんですけど、実際には縁側の下まで家があって、眺めてて飽きない庭ですよ。野村家の中で、ここが一番感動します!

野村家は2階建てになってるんですけど、ここは2階への通路になります。通路だけでこの趣、昔の人はこういうところにも風情を求めていたんでしょうね。苔が何とも言えない味を出してます。

2階から母屋と庭を眺めてみました。母屋から見る風景とはまた違って、建物を含めて庭を一望すると池や石灯籠の配置、母屋とのバランス感覚、どれを取っても絶妙で、大きな庭を眺めるのも良いですけど、こうした限られた空間の細部にまで気を配って作り上げられた庭もすごく良いものだなって感じました。

終わりに

ここまで回ってきた観光名所って、全部金沢市内にあるんですよねぇ。市内にどんだけ見るところあるんだ?って感じで、本当に羨ましい!茨城にもこれぐらい風光明媚な観光名所があれば良いのになぁ。(っていうか、茨城はプロデュースが下手なんだろうなぁって気がします。)

さて、次は21世紀美術館をご紹介…の予定です。予定は未定なんで期待しないでくださいね!(^^;