【茨城グルメ】水戸芸術館の中華料理店「チャイナテラス」に行ってみた(五十嵐美幸シェフ料理監修)

皆さん、こんばんは。

今日は皆既月食でしたね。さらにはスーパームーンも重なって、珍しい天体ショーになりましたけど、皆さんはきちんと皆既月食を観察しましたか?@週末ブロガーのマッサーです。最近は「週末」というよりも曜日関係なく「週一」ブロガーになってますかねぇ。まぁ、暇な時しか書けないので、それもやむなし!!

さて、今日は茨城のグルメ情報をひとつ。

つい最近、奮発して少々お高めの中華料理店「チャイナテラス」に行って来ましたので、そちらのご紹介をしたいと思います。なかなかのお値段なので行くのをためらってしまう人もいると思うんですけど、そんな方々の参考にちょっとでもなれば良いかなぁと思います。ちなみに、食べたのはランチなので、その辺はご了承くださいませ。

チャイナテラス/水戸市(水戸芸術館内)

さて、この「チャイナテラス」、最近よくメディアに出てくる五十嵐美幸シェフが料理を監修しているレストランになります。すごく気になりますよね〜。

場所

場所は言わずと知れた水戸芸術館になります。分かりやすいですねぇ。あの芸術館のタワーを目指していけば良いんですから。

水戸の人であれば、まず迷うことは無いですよね。水戸以外や茨城県外から来た人は、とにかく水戸芸術館を目指して突き進んで行ってください。そうすれば自然とレストランにたどり着きます!

上海蟹のあんかけ麺コース(限定20食)

ランチでは、普段は

  • チャイナランチセット(1,800円)
  • チャイナランチコース(3,200円)

の2種類になるようですが、行った時にはたまたま「上海蟹のあんかけ麺」のコース(3,000円)がスペシャルメニューとして期間限定で提供されていたので、こちらのコースを頼んでみました。

フリードリンク(八宝龍珠茶)

中国の伝統的な健康茶になります。健康茶といっても変に苦かったりするわけじゃなくて、どちらかというともっと上品なハーブティーですね。ハーブの良い香りがして、すごく飲みやすいです。ちなみに、これを飲んで喉のイガイガがすっきり取れました!

 

前菜

五十嵐流特製よだれ鶏になります。一番手前が鶏肉ですね。豆板醤とパプリカの2種類のソースがかかってますけど、ほんのり甘く、少しだけピリッと辛いソースになってます。この鶏肉がまた柔らかくて美味い!

鶏肉の下にはきゅうりとネギが敷いてあって、それと左に添えられているおかひじきと一緒に口の中に鶏肉を入れると、それぞれのうまさが口の中に広がります。甘辛のタレにシャキシャキの野菜。最高です!!

上海蟹のあんかけ麺

見た目では分かりませんけど、あんかけの下は細麺が隠されてます。餡をかき分けて麺をすする。これってあんかけ麺の醍醐味ですよね。麺を引っ張り上げた時に絡んでくる餡がまた良い感じ。このあんかけスープ、甘じょっぱいスープになってますがそれほど濃い味ではなく、そこに上海蟹の濃厚な出汁が良い感じに溶け出していて、なんとも言えず箸が進みます。

マンゴープリン

こちらが締めのデザートになります。マンゴープリン…一見どこにでもありそうなマンゴープリンですけど、口の中に入れて一言。美味いっ!!

どちらかというと、プリンよりもゼリーに近い感じがしました。でも、マンゴーの風味が口の中にブワッと広がって、一気に南国気分。上にかかっているマンゴーの実とソースが濃厚さをより一層際立たせています。

終わりに

多少お値段が張りますけど、さすが五十嵐シェフ監修というだけあって、どれも満足できるものでした。そんなに頻繁には来れませんけど、大切な人との特別な時間くらい、こういうところで過ごしてはいかがですか?

ちなみに、自分は大切な人と有意義な時間を過ごさせていただきました♪

それではまた。