【日本の美を求めて】金沢にある日本を堪能してきたよ!(Part7 山代温泉)

皆さん、こんばんは。

今月というか、今年も残りあと2週間になってしまいましたね。年賀状の準備は大丈夫ですか?@週末ブロガーのマッサーです。

来週にはクリスマス、そしてそれを過ぎるとあっという間にお正月ということで、色々なイベントが目白押しになりますね〜。まぁ、ボクは今年の正月は特にどこにも行かずにマッタリとする予定です。たまにはそんなゆっくりとしたお正月も良いかなぁ。

さて、最近は茨城の話をたくさんしてきたので、時期を9月末ぐらいに戻して、金沢旅行に行った際のおすすめスポットについてまた紹介したいと思います。

山代温泉

皆さん、石川県内の山代温泉って知ってますか?金沢からは少し離れてしまいますけど、金沢駅から小一時間ぐらい離れたところに「加賀温泉駅」っていう駅があります。そこから車で15分程度ですかね。かの有名な「北大路魯山人」も愛した温泉として有名です。

魯山人って誰って?

魯山人は日本の明治から昭和の時代を生きた、有名な芸術家なんですが…詳細はこちらをどうぞ。(;・∀・)

場所

山代温泉って聞いただけじゃ、あんまりピンとこないですよね?場所はこちらになります。

加賀温泉駅から山側に向かって車で15分ぐらいですかね。ここは星野リゾートが経営しているホテルとかもあって、歴史のある良い温泉街になってます。ボクは「ゆのくに天祥」っていうホテルに泊まりましたけど、大きくて綺麗なホテルでした。値段もそんなに高くなくて、泊まりやすいホテルでしたよ。

でも、今日のメインはホテルの話ではなくて温泉!

山代温泉/古総湯

これ、外から見ただけでも本当に趣があって、「温泉地に来たなぁ〜!」って感動させてくれます。その外観がこちら。

ちょっと、道後温泉を思わせるような佇まいですよね。こちらが山代温泉の古総湯になります。1300年の歴史を誇る山代温泉には、総湯と呼ばれる共同浴場があり、こちらは明治時代の総湯を再現したものになります。もちろん、今でも一般に開放されている共同浴場なので、山代温泉に行ったら絶対に入るべき温泉です!

古総湯の中は?

こちらが古総湯の浴場になります。再現したものはいえ、かなりの趣がありますよね〜。洗い場はなくて本当に温まるだけの温泉なんですが、この雰囲気が何ともいえず「ザ・温泉」って感じで素晴らしいんです。ちなみに、この写真はかなり貴重なものだと自負してます!

何でって?

だって、お風呂の内観なんて、人が誰か入ってたら一般人では写真撮れないでしょ!?

そういう意味でいうと、なかなか撮ることができない貴重な写真だと思いません?自分的にはこの写真が撮れただけで満足なんですが…察しの良い人はお分かりの通り、残念ながらお風呂には入れませんでした。行った日がたまたま休館日でして…。(^^;

ということで、またリベンジしに山代温泉に行かなくちゃって思ってます。近いうちにとは言えませんが、いずれ必ず!!

終わりに

これからの季節、北陸は美味しいものがいっぱいで旅行するには最高の季節ですよね。グルメな旅のお供に温泉って、これほど癒される旅はないんじゃないでしょうか。金沢〜加賀温泉郷、ボクはベストな旅のプランだと思います!

それではまた。