【脱サラへの道】ブログのSSL化(検索順位を少しでも上げるために)

LINEで送る
Pocket

皆さん、こんばんは。

本日2回目の書き込みになります@週末ブロガーのマッサーです。平日ブログを書くのが最近ヒジョーに困難なんで、書けるうちに書いておこう作戦です。笑

さて、今日は表題の通り、今回の記事は「脱サラの道」シリーズです。

脱サラをするには、給料以外の収入(=副業での収入)を得られるようにならないと、危なっかしくてダメですよね〜。元手になるのは会社を辞めても困らない程度の収入。それを実現するために、ちょっとでもブログの検索順位をあげてGoogleアドセンス等の収入増加を狙ってくために最近行った取り組みをご紹介します。まぁ、今回は自分のモチベーションを上げるための記事…って感じでしょうか。

ブログのSSL化

ひとまず、Googleの検索順位が下がらないようにするために、ブログのSSL化を行いました。10月から、SSL化したページを優先的に検索結果の上位に表示するとGoogleからお達しがあったので、検索順位を下げられないようにするための対応です。

XdomainからXServerに乗り換え

まずは、今までXdomainの無料サーバで運営していたブログを、有料ではありますがXserverに乗り換えました。もちろん、それまで使っていた独自ドメインもXserverで使えるように移行しています。XdomainではSSL化が出来なかったので、レンタルサーバの使用料はかかりますけど乗り換えることにしました。

ちなみに、XdomainからXserverに乗り換えるのは同じ会社が運営しているということもあり非常に簡単でした。やったことはたったこれだけ。大きく分けると3ステップの作業のみです。


① MySQL、Wordpressのバックアップ

まず、MySQLとWordpressのバックアップです。

MySQLはXdomainのWordpress管理画面から、データベースのバックアップが行えるので、そこからバックアップファイルを作成します。

WordPress自体は、FTPソフトで接続先ディレクトリにあるwp-content以下を全て取得(バックアップ)します。まぁ、以下全部じゃなくても良いんですけど、面倒なので全部取ってきちゃった方が安全です。ちょっと時間はかかりますけどね。(^^;

② XserverでWordpress設定

Xserverに申し込んだら、Wordpressのインストールを行います。Xserverの場合は、Wordpressをインストールする際にMySQLデータベースも同時に作成してくれるんで、一緒に作ってもらっちゃった方が楽チンです。その後、MySQLのユーザを作成し、それを管理者アカウントに設定します。

③ バックアップ類のリストア

まずMySQLのバックアップファイルを作成したDBにリストアします。これはMySQLの管理画面から、バックアップ用に作成しておいたファイルをインポートするだけです。

WordPressのバックアップファイルは、FTPソフトで新たにXserverに接続して転送をするだけです。ちなみに、転送するフォルダは接続先直下にドメイン名でフォルダが出来上がっているはずなので、その配下のpublic_htmlフォルダ以下に取得したwp-contentをそのまま転送するだけです。


はい、これでおしまい!

終わりに

ざっくり説明でしたが、これだけ見ると「お、意外に簡単じゃん!」って感じでしょ?アフィリエイトしている方は、できるだけ早くSSL化しておいた方が良いですよ。

それではまた。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です