【趣味/洋楽】突然ですが大好きなジャミロクワイをオススメ!(アルバム:Emergency On Planet Earth)

LINEで送る
Pocket

皆さん、こんばんは。

今日はものすごく暑かったですね〜。ι(´Д`υ)アツィー

そして、昨日は都民の皆さんは億劫がらずに都議選の投票に行きましたか?

もしかしたら国政にも影響するかもしれない選挙ということで、ボクが東京都民だったら絶対に選挙に足を運んで、その後テレ東で池上彰さんの選挙番組を見るっていう1日を過ごしてたと思います。あ〜、都民の皆さんが羨ましい…。

さて、今日は先日同様、旅行や散歩ばっかりだとネタが尽きてしまいますので(笑)、久しぶりに音楽ネタを。しかも、むか〜しむかし書いていたブログとネタ被りです。(^^;

でも、やっぱり何度でも勧めたいので、今回も勧めちゃいます♪

しかも、今回は何度かに分けて、きちんとアルバム毎に押さえておきたい曲の紹介をしていければなーって思ってます。

JAMIROQUAI(ジャミロクワイ)の紹介

洋楽好きなら必ず耳にしたことがある、アシッドジャズのグループですね!

ジャミロクワイって聞くと、フロントマンのJKジェイソン・ケイ)が一人で名乗っていると勘違いする人がかなりいますが、れっきとしたグループです!バンドなんです!!

ファーストシングル「いつになったら気づくんだい (When You Gonna Learn」はクラブシーンに強烈なインパクトを与え、これによってソニーとの破格の「アルバム8枚の契約」を結びました。新人としては本当に異例のことで、どれだけの衝撃をボクらに与えたことか…。

1stアルバム/Emergency On Planet Earth

センセーショナルなデビューを果たしたジャミロクワイのファースト・アルバム「Emergency On Planet Earth」には、もちろんファーストシングル「When You Gonna Learn」が収録されています。この他にも全英チャートNo.1になった「Too Young To Die」、どれをとっても捨て曲なんてない、とっても良質なクラブミュージックです。構成する音は少ないですが、それを補って余りある、自然と体が動き出しそうなリズムがたまりません!

ちなみに、この頃のJKの声はあのスティービーワンダーにそっくりなので、注意して聴いてみると良いですよ。

アルバム収録曲は以下になります。

  1. When You Gonna Learn (Digeridoo) 
  2. Too Young To Die
  3. Hooked Up
  4. If I Like It I Do It
  5. Music Of The Mind
  6. Emergency On Planet Earth
  7. Whatever It Is I Just Can’t Stop
  8. Blow Your Mind
  9. Revolution 1993
  10. Didgin’ Out

今日はこの中から何曲かご紹介しますね!

When You Gonna Learn

うーん、さすがのグルーヴ感!どこかの原住民のネイティブな音楽と現代の音楽が融合したような雰囲気を醸し出してます。

Too Young To Die

この曲も、本当にシンプルな楽器の音ですけど、見事なまでのグルーヴ感です!(ってか、さっきからグルーヴ感しか言ってないし。笑)

全英チャートNo.1になるのもわかる気がします。この手の音楽ってこれまであまりなかったけど、ジャミロクワイが完全にアシッドジャズというジャンルを確立しましたね。

Blow Your Mind

な、なんだかすごくJKさんがダサく見えますけど(特にサングラスが)…何せ20年も前の映像なんで、そこはご勘弁を。でも、曲はやっぱり今聴いても飽きないというか、色褪せないというか。全然古い感じがしないと思いませんか?

興味があれば、是非とも購入することをオススメします。ちなみにこちらはデビュー20周年記念エディションです!(うーっ、ちょっと買い直そうかなぁ…)

終わりに

次回はボクがジャミロクワイの中で1、2を争うくらい好きなアルバム「The Return of the Space Cowboy」をご紹介しますね!

それではまた。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です