【衝撃/洋楽】LINKIN PARK ボーカルのチェスター・ベニントンが…(涙)

皆さん、こんばんは。

今週も1週間が始まりましたね。今日の関東、気温は低かったように思うんですが、とにかく湿気が凄かった…。履いてたジーンズを家に帰って脱ぐとき、モモにジーンズがへばりついてすごく嫌な感じがしましたー。orz

あ〜、いい加減スカッと晴れないかなぁ。もしくは、もう秋が来てくれてもOK!

さて、今日は洋楽好きには触れておかなければならない事件を。特に、デビューから3、4枚目くらいのアルバムまではよく聴いてたんで、本当にショックでした…。

LINKIN PARK ボーカルのチェスター・ベニントン逝去

そう、あの米人気ロックバンド「LINKIN PARK(リンキン・パーク)」のボーカル、チェスター・ベニントンが逝去しました…。ニュースによると、カリフォルニア州ロサンゼルス郡の住宅で死亡しているのが発見されたんだそうです。検死官によると、首を吊って自殺したものと思われるとのこと。とにかく、衝撃的なニュースでした。

この日は、これも人気バンドの「Soundgardenサウンドガーデン)」、「Audioslave(オーディオスレイブ)」のボーカリストであったクリス・コーネル(2017年5月17日没)の誕生日だったそうです。チェスターは、かねてからクリス・コーネルとかなり親しく、多大な影響を受けてきたんだそうす。ボクが想像するに、幼少期に虐待を受けたり、アルコールやドラッグの乱用で心身ともにダメージを受けながら生きてきたチェスターにとって、クリス・コーネルの存在って周りが思っている以上に大きな存在だったんじゃないでしょうか。あとを追う様に逝ってしまったチェスター…深く考えれば考えるほど、やるせない思いでいっぱいです。

自ら人生を絶ってしまった惜しむべきアーティスト

チェスターももちろんそうですが、個人的にはまだまだ活躍を見たかったアーティストがいます。その人達をボクが個人的に忘れないためにも、備忘録的に紹介しておきます。

チェスター・ベニントン/LINKIN PARK

今回のブログでも大々的にお知らせさせていただいた、LINKIN PARK(リンキン・パーク)チェスター・ベニントンです。ボクはこの人のシャウトしている時の声、聴かせる綺麗な声、両方とも本当に好きでした。

LINKIN PARKの代表曲である「IN THE END」、チェスターの美声が胸に響きます。

クリス・コーネル/Soundgarden & Audioslave

Soundgarden(サウンドガーデン)Audioslave(オーディオスレイブ)で圧倒的な存在感を見せていたクリス・コーネル。彼のハスキーボイスはボクの心に深く刻まれています。映画「コラテラル」のテーマ曲になった「Shadow on the sun」は、何度も何度も繰り返し聴いてました。で、一緒になってシャウトしてた記憶が…。

カート・コバーン/NIRVANA

言わずと知れたニルバーナ(NIRVANA)のボーカル、カート・コバーンです。ボーカリストとしては決して歌がうまいとは言えなかったと思いますけど、あの世界観には一発でやられました。グランジっていうジャンルが確立されたのは、やっぱりNIRVANAの功績が大きかったんではないでしょうか。「Smells Like Teen Spirit」は有名すぎて説明することすらおこがましいですね。

終わりに

人生に絶望してしまった彼らを、果たして救う術はなかったんでしょうか?

まだまだ良い楽曲を作って、ボクらファンを喜ばせてもらいたかったです…。こういう歴史は繰り返してもらいたくないですね。

今は、何を願ってもこの3人が戻ってくることはないので、安らかに眠れる様に祈りながら、記憶に刻むために今しばらく彼らの曲を聴いていようかと思います。

それでは。