【茨城の名所】笠間稲荷神社と笠間のまつり「光のオブジェ(ねぶた)&神輿パレード」

皆さん、こんばんは。

先週末もプライベートでかなり忙しく、土曜日以降全然ブログが更新できませんでした。でも、かなり充実した週末を送れたので、自分的には満足満足。ブログを更新することも楽しいんだけど、やっぱりアクティブに動き回るほうが性に合っているようです。

まぁ、こうして動き回った結果に得た良い情報…例えば美味しいグルメ情報やちょっとした観光スポットを皆さんにフィードバック出来ればみんな幸せということで、頑張ってブログにアップしていこうと思います!

さて、そんなこんなで今日は茨城のちょっと良いところを紹介しますね。

笠間稲荷神社(笠間市)

笠間市周辺に住んでいる人なら、大半の人が知っている笠間稲荷神社。ここは日本三大稲荷に数えられる神社だと言われています。ちなみに、「言われています」と言ったのは、実は三大稲荷はその自社がそう言っているだけで、様々な説があり特定できないためです。まぁ、それぞれ様々な根拠に基づいてそう言っているので、どれもあながち間違いというわけでは無いようですが。

ちなみに、今回訪れた際に写真を撮りましたんで、そちらでちょっとご紹介しますね。

こちら、笠間稲荷の正面の門になります。これだけでもかなり立派な門ですよ。目の前に立つと、結構な威圧感があります。この門は「萬世泰平門」と言い、重層入母屋造で昭和36年に竣工されました。結構最近に建てられたようですね。

こちらが拝殿になります。昭和35年10月の竣工で、神社建築の美と現代建築の粋を集めた豪壮かつ華麗な建物です。ちなみに、こちらの建物も結構最近建てられたものですが、これに隠れるように本殿があって、その本殿は江戸時代末期、当時の名匠たちの手により施されました。昭和63年、国の重要文化財に指定されています。実はその本殿が一番重要なんですが、やっぱり一番迫力のある拝殿が参拝客にはメインの建造物になりますね。時期が良ければこの拝殿の右側に藤棚があってとても綺麗に藤の花が咲きます。これは見ものですよ!

笠間といえばやっぱり笠間焼きが有名ですが、笠間稲荷神社に足を運んで、日本の歴史に触れるのも良いものですよ♪

笠間稲荷神社の場所はこちら。

笠間のまつり「光のオブジェ(ねぶた)&神輿パレード」

実は、今回のメインはこっちだったんですよねー。

たまたま笠間のコンビニに寄ったらこの祭りのポスターが貼られてて、今年初めて祭りを見に行ってみました。笠間の夏恒例のお祭りのようで、今年が第27回になるんだそうです。笠間稲荷付近の道を、ねぶたと神輿、山車が練り歩く、見応えのある祭りでした。

さすがに市民が作るねぶたなんで、それを生業とするねぶた師が作る青森のねぶた祭りには劣ると思いますが、それでも見ていてかなりの迫力でしたよ。

具体的にはこんな感じです!

最初ちょっと小雨がぱらついてたんで、ねぶたに薄いシースルーの布が被せられてました。なので、迫力はやや劣ってしまってましたが、それでも間近で見るとよく出来てて満足しました。

こっちは、雨が上がって辺りも真っ暗になった後に撮った写真です。どうです、なかなか立派なねぶたですよね。市民が作るレベルを超えてるし、精魂込めて作ってるなっていうのがすごく感じられました。いやー、素晴らしい!

山車も、立派なのが出てましたよ!

祭囃子を奏でながら街を練り歩く姿って、まさに夏の風物詩って感じですね。やっぱり夏はこれじゃなきゃ。

この祭り、一応会場の周りに臨時駐車場が設けられるので、早めに行けば車で十分見に行くことが可能です。ぶっちゃけると、ちょっと笠間駅からは遠いんで、車で行ってお酒は我慢する。もしくは飲んでもきちんと代行で帰るっていうのがベストな選択だと思います。お酒を飲んだら、車運転しちゃダメですからね!!

終わりに

先週末はこんな感じで、茨城の名所と夏の風物詩を堪能してみました。いやぁ、やっぱり祭りに行くと「夏だなぁ〜!」って感じがしますよね。そんな夏も残り少ないですけど、茨城の夏を今年も思いっきり堪能しようと思います。

お祭りなどのイベント情報はこちらの笠間市ホームページからもたどれますので、参考にどうぞ。

先週末は他にも初めてのお店で外食したり、素晴らしい景色を堪能したりしたんで、そちらは次回以降のブログで紹介しますね!

それではまた。