【茨城を盛り上げる】いばらき観光マイスターなるもの

皆さん、こんばんは。

突然ですが、世界陸上やってますねー。ついつい遅くまで見ちゃって、寝不足になってたりとかしていませんか?

やっぱり注目するのは、日本の男子100mでしょう。日本からは3人も準決勝に残って、これって日本人としては快挙って言っても良いと思います。特にサニブラウン選手には注目ですよね。日本人初の9秒台、ボクはこのサニブラウン選手かケンブリッジ選手が出すんじゃないかなぁと踏んでるんですが、皆さんどう思います?

それともう一つ注目は、今大会で引退を発表しているウサイン・ボルト選手がどんな走りを見せてくれるのかじゃないでしょうか。あれだけ圧倒的な強さを見せつけてきたボルト選手が有終の美を飾って引退できるのか、かなり興味ありです!

さて、今日はこのブログの本流に近い話を。

いばらき観光マイスター制度

最近、仕事の昼休み中にウェブを見ててたまたま見つけたんですが、茨城観光マイスターなるものがあるそうで、これってボク自身がこのブログのメインの記事として掲げている

旅行に行った場所、散歩で訪れたちょっと良いところを紹介していき、それと一緒に茨城を少しでも盛り上げる!

というのに通ずるものがあるんじゃないかと思い、ちょっと興味が沸いてます。

いばらき観光マイスターとは?

茨城観光マイスターっていうのは

県、市町村、観光事業者、観光関係団体及び県民が一体となって「おもてなし日本一」を目指す「いばらき観光おもてなし推進条例」の制定(平成26年11月施行)を踏まえ、タクシー・バス乗務員、宿泊施設・観光施設従業員などの観光知識や接遇スキルの向上を図るため、試験を実施したうえで、県が認定する制度

のことなんだそうです。

きちんとした県の認定制度ということで、一応県でもこの茨城を盛り上げようと色々頑張ってるんだなぁっていうのが伺えますね。ボクは別に接客業をしているわけではないんですが、このブログの趣旨と相通じる部分がありそうで、ちょっと興味ありです!

いばらき観光マイスターのランクと認定試験

このいばらき観光マイスターには次のランクがあり、それぞれの認定試験を受けることによってなれるんだそうな。

いばらき観光マイスター

県を代表する観光地やグルメなど、観光案内をする上で、十分な知識を有するもの。いばらき観光マイスターガイドブックから出題する筆記試験に合格したものが認定されます。

いばらき観光マイスターS級

十分な知識に加え、おもてなしの心による高い接客スキルを有するもの。観光マイスター認定者に対し模擬面接による接遇試験を実施し、合格したものが認定されます。

いばらき観光マイスターガイドブック

これが実は一番興味があります!

PDFで配布されてたんで内容を見たんですけど、茨城の地区別(県北、県央、県南、鹿行、県西)に分けて、その土地の宿泊施設であったり、グルメであったり、様々な観光情報が事細かに記載されていて、かなり有用な情報が載っていました。茨城に住んでるボクもこのガイドブックの情報を元に遊びに行ってみたいくらいです。

将来的には、ここに載っているところにボクも足を運び、実際に見たり食べたり遊んだりした生の情報をブログで紹介したいですね!

ちなみに、ガイドブックはここからダウンロードできるようなので、この夏休みの遊び場探しの参考にしてみてはいかがでしょうか?(ページ下部の認定試験から辿っていけます。)

いばらき観光マイスター

終わりに

これのマイスター制度、ボクは接客業じゃないのでS級まではいらないですが、今のところ、ちょっと認定試験受けて合格したいなぁって気になってます。

オレ、いばらき観光マイスターなんだぜっ!!

って、ちょっと自慢してみたいんです。笑

ただ、これから9月末にかけて仕事が忙しくなるのが分かっているので、そことの兼ね合いを見てかなぁ。果たして、ガイドブックで勉強している暇があるかどうか…。

ではまた。