【日本の美を求めて】金沢にある日本を堪能してきたよ!(Part6 武家屋敷跡 野村家)

皆さん、こんにちは。

またしても週末に台風が近づいて来ているので要注意ですよ!@週末ブロガーのマッサーです。あぁ、本当に週末しか更新できてなく、この状況に一人で悶々としています。(^^;

さて、これは告知になりますが、そろそろブログのSSL化に本気で取り組んでいくべく、サーバの乗り換えをいたしました。

実はこのブログ、Xdomainの無料サーバを利用させていただいてたのですが、このままではSSL化が非常に困難ということで、Xserverの方に乗り換えさせていただきました。Googleさんの話だと、SSL(https)化しないと検索順位が下がっちゃうらしいんです。今まで結構書いてきたのに(といってもまだ100記事にも満たないですが…)、そんなことされたんじゃたまらんっ!駆け出しアフィリエイターには特に辛いので、ここは意を決してXserverに乗り換え!

ひとまず、無事にXserverに移行ができました。良かった良かった。Xserverに掲載されていた移行方法と、こちらのサイトを参考にさせていただきました。どうもありがとうございました!

さて、話は変わりまして、今日は非常に感動した、金沢の武家屋敷跡のお話です。

武家屋敷跡 野村家

加賀藩の武将だった「野村伝兵衛信貞」の屋敷になります。前田利家が金沢城に入場した際に、直臣として従った武将なんだそうです。

場所

野村家の場所はこちらになります。

こちらも金沢城公園兼六園から十分歩いていける場所にあります。金沢は観光名所が全部歩いていける距離にあって良いですよねぇ〜。野村家の周りは、「長町武家屋敷跡」と言われていて、かつての武家屋敷が連なっていた様子を今に残す街づくりとなってます。歩いているだけで、江戸時代にちょっとだけタイムスリップしたような気分になります。

街の情景

では、実際に歩いた街の様子を。

こんな佇まいの家が何軒も並んでて、風情あふれる街角になってます。着物でも着てあるていれば、本当に江戸時代に来たような、そんな感覚にもとらわれてしまいますね〜。あぁ、本当に良いところだったなぁ。

門構えが凄かったので、思わずパシャリ!昔はこんな門がある屋敷って、いっぱいあったんでしょうね。

野村家

さて、それではボクが非常に感動した野村家の内部に潜入です!ちなみに、玄関先は何故か写真に撮ることを忘れてしまっております。ごめんなさーい!

部屋の中

素晴らしいですよねぇ。古き良き日本家屋。謁見の間っていうのがあって、奥の部屋が手前の部屋に比べて1段高くなってます。麩とかの装飾も、写真では分からないですが素敵でしたよ〜。

こちら、堂々とした日本庭園になります。うーん、やっぱり素人の写真じゃ限界があるなぁ。手前が縁側になっているんですけど、実際には縁側の下まで家があって、眺めてて飽きない庭ですよ。野村家の中で、ここが一番感動します!

野村家は2階建てになってるんですけど、ここは2階への通路になります。通路だけでこの趣、昔の人はこういうところにも風情を求めていたんでしょうね。苔が何とも言えない味を出してます。

2階から母屋と庭を眺めてみました。母屋から見る風景とはまた違って、建物を含めて庭を一望すると池や石灯籠の配置、母屋とのバランス感覚、どれを取っても絶妙で、大きな庭を眺めるのも良いですけど、こうした限られた空間の細部にまで気を配って作り上げられた庭もすごく良いものだなって感じました。

終わりに

ここまで回ってきた観光名所って、全部金沢市内にあるんですよねぇ。市内にどんだけ見るところあるんだ?って感じで、本当に羨ましい!茨城にもこれぐらい風光明媚な観光名所があれば良いのになぁ。(っていうか、茨城はプロデュースが下手なんだろうなぁって気がします。)

さて、次は21世紀美術館をご紹介…の予定です。予定は未定なんで期待しないでくださいね!(^^;

【日本の美を求めて】金沢にある日本を堪能してきたよ!(Part5 兼六園を歩く)

皆さん、こんばんは。

週末ブロガーのマッサーです。日付変わって今日は週末の金曜日。いわゆる「花金」ってやつですね!(まぁ今時の人は言わないんでしょうが、ボクは既に40歳を過ぎているので、平気で言います。笑)

週末といえば、今週末はいよいよ衆議院選挙ですね。皆さん投票には行かれますか?ボクは既に期日前投票を済ませてきましたよ。今回の衆議院選挙は正直かなり迷いましたが、一応自分で納得のいく候補者に投票していたつもりです。皆さんもきちんと投票には行きましょうね。「オレひとりの票が増えたところでなぁ…」なんて思ってる人、その1票がもしかしたら日本の運命を変える1票になるかもしれないですよ!

ちなみに、今はWEBでこんなサービスもあるので、誰に(どの政党に)投票するのか決めかねている人は使ってみてはいかがですか?

さて、今日は金沢でもっとも有名な場所「兼六園」をご紹介しますね。

兼六園

言わずとしてた日本三名園のひとつ「兼六園」です。場所はこちら(って、これも言わずと知れたって感じですかね?)

先日紹介した金沢城公園のすぐ南に位置する兼六園。こちらも金沢城公園に負けず劣らず風光明媚なところです。ボクが住んでいる茨城にも、日本三名園のひとつ「偕楽園」がありますが、そことはまた違った魅力がいっぱいありました!

そもそも、兼六園っていう名前、どうしてつけられてたかご存知ですか?

「庭園では六つのすぐれた景観を兼ね備えることはできない。広々とした様子(宏大)を表そうとすれば、静寂と奥深さ(幽邃)が少なくなってしまう。人の手が加わったところ(人力)には、古びた趣(蒼古)が乏しい。また、滝や池など(水泉)を多くすれば、遠く(眺望)を眺めることができない」そして、「この六つの景観が共存しているのは湖園(こえん)だけだ」という話があるのですが、兼六園は、この湖園に似つかわしく、全て兼ね備えるのが非常に難しい六つの景観(六勝)を見事に兼ね備えているという理由から、その名を与えられたんだそうです。

兼六園 江戸町通りで昼食

兼六園の紹介から始まるかと思いきや、いきなりの食べ物テロ。笑

こちらは、兼六園江戸町通りで食べた「治部煮ラーメン」なるものです。スープ…というか、治部煮をベースとしたラーメンになります。味は治部煮なんで、甘くトロッとしたスープになりますが、その中にラーメンの麺が忍んでいるという、関東では到底味わえそうにない珍しいラーメンです。もちろん、美味しかったですよ!

治部煮を食べたの初めてだったんで、この甘い治部煮にラーメンが入っていることに衝撃を覚えました(^^;

内橋亭(うちはしてい)

霞ヶ池の西南岸に設けられた水亭が、写真奥に見えると思います(ちょっと小さいですが…)

これは、蓮池馬場の馬見所に建てられていたものを、明治7年(1874)、現在の場所に移築したんだそうです。石脚で支えられたこの亭は、まるで水面に浮かんでいるように見えて、見る人の誰もが魅了されると思います。写真では分かりづらいですが、実物はもっと素敵です!

す、すみません!

松しか書けず…何とも恥ずかしい(^^;

でも、どうしても見てもらいたくて写真載せてみました。この水面までせり出している松の枝があまりにも見事で、見た瞬間は言葉すら出ません!

時雨亭からの眺望

兼六園の中にひっそりと佇んでいる建物で、中で抹茶をいただきました(もちろん有料です!)

ここからの眺めもとても素晴らしく、思わず息を飲んでしまうような、日本の良き風景って感じです。写真じゃ分かりづらいと思いますが、奥の方には小さな滝があって、それもまた風情があって良かったです。

金沢城公園といい兼六園といい、金沢には素晴らしいところが街中に点在してます。本当に羨ましい…。

終わりに

ここまでは風光明媚な金沢の街を見てまわりましたが、この後訪れたのは21世紀美術館。こちらは近代アートがメインの美術館で、ここも凄く良かったです!

今と昔の良いところを融合してできている街なんだなって、改めて実感させられました。あぁ、もいちど行きたい!

ではまた。

【日本の美を求めて】金沢にある日本を堪能してきたよ!(Part4 金沢城公園を歩く)

皆さん、こんばんは。

週末ブロガーのマッサーです。週末ブロガーとは言いつつ、更新できるときは週末に限らず更新していこうと思う今日この頃です!(果たしていつまで続くことやら…っていうか、既に週末ブロガーに戻ってますが。笑)

突然ですが、今週の中で一番驚いたニュースはこれ!

ブルガリから 『ジョジョ』人気キャラ・キラークイーンの限定バッグ&ウォレット登場

いやぁ、やってくれますね、ブルガリさん!

まさか、ジョジョとコラボしてしまうとは。しかもよりによって「キラークイーン」っていう良いところをチョイスしてくれました!

こちらのトートバッグ、お値段なんと180,000円(税別)!どんだけ高いコラボやねん!って思わずツッコミを入れてしまいそうになる値段ですね〜(^^;

果たして、これを買う人はいるのでしょうか?(きっと生粋のジョジョマニアなら手を出すとは思いますが…)

にしても、何でブルガリはジョジョとコラボしようと思ったんでしょうかね?そこが一番の謎な気がしますが。

さて、今日は「金沢城公園」を散策してきた時の様子をご紹介します!

金沢城公園

加賀百万石の象徴ともいうべき金沢城。その城址が「金沢城公園」として金沢の街の中心にあります。

場所はこちら。

この地図を見ても分かる通り、とにかく大きいです!

ただ大きいだけじゃなくて、緑の芝生、五十間長屋など、じっくりと眺めたいところもいっぱいあります。金沢の旅雑誌には、所要時間が大体1〜2時間で書いてあるものが多いですけど、きちんと見て楽しむのであれば、そんな時間じゃ全然足りません!少なくとも3時間はかかりますので、そのつもりで行ってみてくださいね。

金沢城といえば、かの有名な武将「前田利家」が本格的に城造りを始めたことで有名ですね。青年時代の利家は血気盛んで槍の又左衞門槍の又左などの異名をもって呼ばれてたというのも、歴史好きの人であれば誰もが知っている話だと。

さて、この金沢になくてはならない金沢城公園。こんな感じのところですっていうのを紹介していきます。

玉泉院丸庭園

綺麗ですね〜!

ここは玉泉院丸庭園といって、加賀藩三代藩主「前田利常」が作庭したそうです。何とも風光明媚。実際に見ると、写真とは比べ物にならないぐらい綺麗なところですよ!

五十間長屋

ここは、五十間長屋と呼ばれる建物で、武器等の倉庫だったそうです。中には入場料を払うと入ることができます。いや〜、とにかく広い!菱櫓と橋爪門続櫓もこの五十間長屋に繋がってて、戦になった際にはこの櫓から石を投げたり、鉄砲を打つように作られてます。

橋爪門

橋爪門は二の丸御殿へ至る最後の門として、通行に際しては一番厳しい制限がかけられていた門なんだそうです。近くで見ると、とにかく立派です!

広い敷地

これは五十間長屋を面から見たところですが、とても広いですよね〜。天気の良い日にここを散歩すると、とても気持ちが良いです。ちなみに、お堀も見えるところがあって、これも眺めていて本当に気持ちが良いです。

 

金沢城公園、本当に良いところでしたよ!

終わりに

今回紹介したのはほんの一部。この他にも見所いっぱいなんで、金沢に旅行に行った際には必ず立ち寄ってくださいね!

ではまた。

【日本の美を求めて】金沢にある日本を堪能してきたよ!(Part3 金沢おでんを嗜む(赤玉本店))

皆さん、こんにちは。

今日は久しぶりの昼間更新@週末ブロガーのマッサーです。本当は週末ブロガーなんかじゃなくて、常にブログを更新していたいんですけど、なかなか難しいですよね〜。みんなどんな感じで更新してるんだろ?

ちょっとニュースを見てたら、「キングオブコント2017」で準優勝した「にゃんこスター」の評価が高かった理由を審査委員のダウンタウン松本人志さんが「消える魔球みたいなもの。もうなんか空気がすごかった」って言っていたという記事を見ました。確かに、あの空気感は凄かった…。今までに無い感じの、見ていて恥ずかしくなるようなネタで、もちろんボクも思わず笑っちゃったんですけど、やっぱり個人的には「かまいたち」の決勝のネタが凄かったなぁ。たかだかウエットスーツを脱ぐだけのネタなんですけど、激烈笑いましたわ〜。

で、せっかくなんでにゃんこスターかまいたちのネタを2本続けてどうぞ。笑

さて、今日は金沢おでんにかなりの感動を覚えた話です。今思い出しても…あれは美味かったなぁ。(´∀`*)

金沢おでんとは?

ウィキペディアで言うところの北陸風のおでんは、こんな感じになるそうです。

「昆布と煮干のだしに金沢大野の醤油を加えて薄味のつゆとするのが金沢流のおでん。一方、能登では風味の強い魚醤いしるも使われる。いずれも冬だけでなく、夏も親しまれている料理。牛すじ、大根、玉子などの一般的な具の他、魚肉のしんじょばい貝車麩、赤巻き、ふかし、かに面、肉いなり、玉子巻きなどの特徴的な具材がある。白味噌におろし生姜を加えた生姜味噌を用意する店もある。」

ということで、金沢おでんは出汁がベースの薄味おでん。具には関東では見られないような車麩やら梅貝海老しんじょうやら蟹しんじょうが入ってます。こんなウンチクも知らないままに金沢おでんを食べに行ったんですけど、いやぁ、普段食べてるコンビニのおでんよりも数倍、いや、数十倍うまい!

そんな中でも、金沢市内で有名な「赤玉本店」っていうお店に行ってきました。「菊一」さんも紹介されたんですけど、金沢の素人にはちょっと敷居が高そうな、本当に昔からある地元の居酒屋っていう雰囲気で、ちょっと二の足を踏んでしまいました(汗)。次回はぜひ菊一さんにお邪魔します!

場所はこちら。

えっと、場所でいうと「香林坊」って呼ばれている場所になるんですかね。今回泊まらせていただいたホテル「金沢ニューグランドホテル」の方に教えていただき、ホテルからまったりと歩いてお店に行ってみました。

で、お店に入った記念に暖簾をパシャっと撮影。

加賀名物ってしっかり書いてありますね。確かに名物と謳って恥ずかしくない味でした。暖簾も雰囲気でますね〜。

で、今回頼んだ実際のおでんがこちら。

珍しいおでんのタネってそんなに頼まなかったんですけど、そんな中でもおでん皿中央から左下にかけての車麩、唯一の串物のつぶ貝、皿中央上にある蕗(ふき)は、関東では見たことないような気がします。少なくともボクの記憶にはないですね。写真左下は、これまた関東ではめったに食べられない「白えびの唐揚げ」です。

いや〜、このおでん、めちゃくちゃ美味かったですよ。

特に車麩。お麩なんで、どうせ口の中でとろけて終わり…って思う人がいるかもしれませんが、それが結構弾力がしっかりしてて、どちらかというとモッチリとした食感でした。で、このお麩がおでんの出汁を思う存分吸い込んでいて、何とも言えない絶妙な味に仕上がってるんです!これには本当に感動!

ちなみに、白えびの唐揚げもカリッとして、さらに普通のえびよりも甘みが強く、まさに絶品でした。

こんな美味しい和の料理を食べてしまったら、日本酒を飲まざるを得ませんね。(^^;

ということで、金沢ではお酒はほぼ日本酒しか飲んでません。笑

この街、観光だけじゃなく食文化も豊かで、本当に羨ましい限りです。皆さんももし金沢に旅行で訪れることがあれば、金沢おでんは外しちゃダメですよ!

終わりに

もちろん、おでんの他にも海産物も有名だし、最近はのど黒なんかもTVでよく見ますよね。せっかくなんでもちろん味わってきましたけど、どれもこれも本当に美味しくて、幸せな体験をしました。あぁ〜、金沢良いとこ!!

次回は、今回の旅で一番感動した「金沢城公園」をご案内しますね!

それではまた。

【日本の美を求めて】金沢にある日本を堪能してきたよ!(Part2 ひがし茶屋街/主計町(かずえまち)茶屋街を歩く)

皆さん、こんばんは。

自称・週末ブロガーのマッサーです。前回更新してからそれほど間を空けずの更新になります。ハードな毎日を過ごしている割には、我ながら偉いと感じる今日この頃。笑

今日は久しぶりに COUNT DOWN TV を見ながらの更新になっていますが、ヤバイです、知っているアーティストがあんまりいない…。かろうじてジャニーズは知っているけど、その他のバンド系の人たち、マジで知らん!

歳を食ったせいか、音楽にはめっきり疎くなり&基本洋楽しか興味が無いんで、カーリー・レイ・ジェプセンの名前を聞いた時だけちょっとホッとしました。(^^;

カーリー・レイ・ジェプセンと言えば、この曲が有名ですね。

でも、今日COUNT DOWN TV 流れてたのはこちら。

どっちもキャッチーな曲で、何だか陽気な気分になりますね。なかなか良い曲で、頭の中に残りますね〜。

さて、今日は金沢旅行第二弾。茶屋街を歩いてきたので、その茶屋街の雰囲気を写真を交えてお届けします!

ひがし茶屋街

金沢城公園の東に位置するひがし茶屋街。地図でいうと、こんなところになります。

そんなに大きい場所じゃ無いだろうって思ってたんですけど、これが歩いて見ると意外と大きくて。

ウィキペディアによると…

石川県金沢市の地区名。重要伝統的建造物群保存地区であり、ひがし茶屋街(ひがしちゃやがい)の名称で知られる。 南北約130m、東西約180m、約1.8haで、保存地区内の建築物140のうち約3分の2が伝統的建造物であり、茶屋町創設時から明治初期に建築された茶屋様式の町家が多く残る。」

とのこと。確かに伝統的構造物だらけです。雰囲気はこんな感じ。

行った時間的には、大体午後3時くらいになります。なので、すこーし日が斜めに差してきてる感じで、より情緒溢れる景色になってます。見てわかるように、道の両脇には古き良き茶屋街の雰囲気をそのまま残した建物が立ち並んでて、カフェになってたり、お土産やさんになってたり、陶芸家やガラス細工の作家などの作品を扱うお店があったりします。何とも小洒落た街って感じで、どの店もセンスが良かったです。

街中に立っている柳の木も、町並みに良い雰囲気を醸し出しすための要素の一つですね。これがある、無いによってだいぶ雰囲気が変わると思います。

夕方の日差しが差し込んでいるひがし茶屋街です。茶屋が夕日に照らされて、オレンジに光輝いてました。まともに見ると、本当に目を背けたくなるくらい眩しく輝いててビックリしました!

ひがし茶屋街、本当に良いところでした。ここに行ったら、お麩のお店に行って購入することをオススメします。金沢のお麩、本当に美味しんですよ〜。

主計町茶屋街

こちらは、ひがし茶屋街に比べると圧倒的に規模が小さいですが、情緒溢れる街並みはひがし茶屋街に決して劣らないです。むしろ、雰囲気だけならこちらの方が情緒あふれてるとボクは思います!

さて、場所はというと

ひがし茶屋街からめちゃくちゃ近いです!

なので、ぜひ行くべし!次の写真を見れば、行くべきと思ってくれる…はず!

どうです?こじんまりとはしてますけど、とても閑静な茶屋街です。

うーん、道が狭い。けど、雰囲気はバッチリ!

細い路地にあった階段の上から撮った写真です。これも雰囲気バッチリですね〜!

今にも芸者さんが着物着て歩いてきそうな、そんな感じがします。

ボクが行った時は、時間的にほとんどの店が閉まってたので本当に静かでしたけど、下手に観光地化されてしまってるひがし茶屋街に比べて、だいぶ落ち着きました。

金沢に行ったら、こちらの茶屋街にもぜひ足を運んで見てくださいね。心の保養になること間違いなしです!

終わりに

金沢は、街中を歩けば歩くほど街の良さが伝わってきます。この茶屋街もその一つで、住んでる人が本当に羨ましい限りです。また行きたいなぁ〜〜〜。

さて、次はこの日の夜に堪能した、金沢おでんの話でも。

ではまた。

【日本の美を求めて】金沢にある日本を堪能してきたよ!(Part1 尾山神社)

皆さん、こんばんは。

週末ブロガーのマッサーです。笑

さて、今日も久しぶりの投稿ということで、まずは日本には嬉しい話題から。

カズオ・イシグロさん、ノーベル文学賞の受賞、本当におめでとうございます!同じ日本人として、とても嬉しく思います。こうして世界で活躍する日本人を見てると、「自分も頑張ろー!!」って思えてくるので良いですね♩

これを機に、ボクもカズオ・イシグロさんの本を読んでみようかと思います。ひとまずはこの辺りからでしょうか。

 

さて、話は変わりますが、先週遅ればせながら夏休みを取り、金沢に旅行に行ってきました。古き良き日本を、4日間かけてゆっくりと堪能してきたんですけど、その中でも特にオススメだった場所をご紹介します!

尾山神社

金沢についてまず真っ先に行ったのが、加賀百万石の藩主・前田利家にゆかりのあるお寺「尾山神社」です。本当はスケジュールには全く無かったんですけど、たまたま道を歩いていたら大きなお寺があるぞ!っていうことで立ち寄って見ました。

そんな軽い気持ちで立ち寄ってみたんですけど、これが予想以上に感動ものでして。

まずは尾山神社の場所から。

地図を見ても分かる通り、金沢城公園からほど近いところにあります。もちろん、あの有名な兼六園の近くでもありますね。

まずは神門から

まずは神門の写真をどうぞ。

神門の正面

どうですか?

この和洋折衷っていう感じが伝わってくる神門、立派ですよね!

明治8年の建築で、和漢洋の三洋式を混用した異色の門として全国に知られ、兼六園と共に金沢市のシンボルにもなっているそうです。第一層が戸室石(角閃安山岩)、第三層は四面五彩のギヤマン張りになってます。ちなみに、第三層目に設置された避雷針は、日本最古のものです。このギヤマン張り、正面からではあまりよく分かりませんよね。(時間帯が悪いのか、日の角度が悪いのか…。)

で、裏から撮った写真がこちら。

神門の裏側

どうです?これでギヤマン張りの部分がよく分かりますかね。(ステンドグラスみたいな部分ですよ〜。)

ちょうど正門の方から日の光が差し込んでたんで、裏から見た方がその日の光が透けて綺麗に見えますね〜。神社があるところにギヤマン張り。合わないような気もしますけど、実際に見るとこれもまた情緒があってすごく良かったです。金沢に行ったらぜひ見るべし!

拝殿

で、一番大きいのがこの拝殿ですね。

拝殿

真正面から見た拝殿になりますが、まさに威風堂々としていて、戦国武将・前田利家とその正室・お松の方が祀られているにふさわしい雰囲気を醸し出してました。思わず拝んでしまいます。(神社だから拝むのは普通?笑)

斜めから見るとこんな感じになりますが、これも眺めていると趣があってあきないです。

拝殿

こちらも本当に立派に見えますね〜。何と言ってもこの重厚な屋根の造りが何とも言えず、日本の美の代表のように見えます。金沢旅行に行くのなら、やっぱり1度は見てもらいたいスポットの1つですよね。

終わりに

金沢の旅の記録、初回は尾山神社でしたが、どうでしたか?

金沢城、兼六園、東町茶屋街なんかと比べると知名度は少し低いかもしれませんが、その知名度とは裏腹にかなりのおすすめスポットになってますんで、金沢旅行を考えている人は、観光の候補に挙げてみてください!

それではまた。