【グルメ情報】笠間で絶品釜飯を食す!『味の店 はらだ』

皆さん、こんばんは。

今日は少し早い時間での更新です!

何だか涼しいですねぇ。出かけるのには汗もかかなくてちょうど良いんだけど、ちょっと夏っぽくないかな。かき氷とかアイスとか食べて涼むのも夏の醍醐味だと思うんですけど、そういう楽しみは半減しちゃうのでちょっとだけ残念。(^^;

さて、今日は久しぶりにランチを外で食べてきました。本当は違うお店に行こうと思ってたんだけど、そこがたまたま休みだったみたいで、急遽近場で美味しそうなところを調べて突入!これが予想していた以上に美味しくて、かなり感動したんで、是非ともご紹介させていただきたく、ブログに書かかせてもらいます!

味の店 はらだ

今日急遽入らせてもらったお店は「味の店 はらだ」。お店の暖簾を従業員さんが下ろそうとしていた13:30に「スミマセン!もうおしまいですか?」って声をかけたら、「14:00で閉店ですけど良いですよ〜」って快く案内され、ギリギリ滑り込ませてもらうことができました。

で、店の中に入れてもらってメニューを見ていたら、従業員のおばさんが「ゆっくり選んで良いですよ〜」って気を使った言葉をかけてくれて、”おぉ、いい感じの雰囲気のお店だねぇ”って何とも気分が良くなりました。

その後待つこと20分!

出てきたのがこれです!!

自然薯の釜飯

ジャジャーン!!

出てまいりました。ボクが頼んだのは自然薯の釜飯

写真の釜飯には、自然薯を輪切りにしたものが入ってるの分かります?ご飯と一緒に炊き込んだものと思われるんですが、これがまた「ほんのりねっとり、だけどホクホク」っていう、今まであんまり食べたことのない食感でした。でも、その食感と具の出汁が効いたご飯を一緒に食べた時の美味しさといったら、もう幸せMAX級!

さらには、写真の右側(味噌汁の左上)にある、うずらの卵の黄身を乗せた摩り下ろした自然薯をご飯と一緒に食べると、ネバネバマニアのボクにとっては最高この上ないランチになり、かなり満足をさせてもらいました。

あ、ちなみにこれでお値段なんと1,300円。これだけあって、きちんとお米から炊いてくれてこの値段と味なら、納得どころか格安に感じますよ。

ちなみに、食べ終わったのは14:30ぐらいだったんだけど今の所まだお腹いっぱいで夕飯食べられる自信がありません。ちょうど良いダイエットになりますかね?笑

「味の店 はらだ」の場所

さて、ここまで読んでもらい、行きたいと思う方はこちらの地図を参考にどうぞ。

結構分かりやすところにあるんで、多分迷わず行けると思います。たとえ迷ったとしても…ボクが載せた地図のせいじゃないですからね!残念!!

終わりに

これまで、あんまり自分からは釜飯を食べに行くっていうことはなかったんですけど、これでちょっと釜飯ファンになりました。他にも、海の幸釜飯やら山の幸釜飯もあったんで、他のメニューにも挑戦しようかと思います。皆さんも、釜飯の魅力にハマっちゃってくださいね〜。

それではまた。

【趣味/洋楽】超オススメの北欧バンド!Dizzy Mizz Lizzy(アルバム:Forward in Reverse)

皆さん、こんばんは。

さて、今日は一切の雑談なしでボクの感動を全面的に押し出したブログを書きたいと思います。

えっと、何に感動してるかって?

そりゃあ、決まってるじゃないですか!Dizzy Mizz Lizzy の3rdアルバム、なんと、2ndアルバムから20年経ってようやく発表された、待ちに待ったオリジナルアルバムを今日ようやく手にして、感動を押されていられるかっていう話ですよ!!

…って、本当にスミマセン。今、3rdアルバムに付いてるライブDVDを見ながらブログ書いてるんですが、真面目に興奮を抑えきれないでいます(^^;

あぁ、何ていう幸せ…いつ聴いても、この人たちは天才なんじゃないかって思います。いつ聴いてもスゴイ!感動で震えが全然止まらない…(*゚▽゚*)

3rdアルバム/Forward in Reverse

開封したてのジャケット

20年ぶりに発売された Dizzy Mizz Lizzy の3rdアルバム「Forward in Reverse」は、完全にボクの予想を超えたものでした!

アルバム全体に、Dizzy Mizz Lizzy らしい変拍子や転調は織り込まれているのは当たり前で、この3rdはそこに今まではあまり感じられなかった、ハードロックの荒々しさみたいなのが上手く調和して、1つ上の世界に行った Dizzy Mizz Lizzy を感じ取れるような気がしました。

このアルバムの解説は、HR/HMファンに知らない人はいないと思われるBayFMのラジオ番組「POWER ROCK TODAY」の司会を務める伊藤政則氏なんですが、彼曰く

フロントマンのティム・クリステンセンはここ何年かSLAYER(スレイヤー)などのスラッシュメタルをよく聴いてたらしいので、アタックの強い曲はスラッシュメタルの影響を受けてるんじゃないのか

との事。あぁ、確かにって、納得する感じの曲もあります。

でも、やっぱり Dizzy Mizz Lizzy は Dizzy Mizz Lizzy です。ヘビーな曲もありますけど、今までの素晴らしい楽曲に引けを取らない素晴らしい曲を、相変わらずみんなに届けてくれていると思います。

さて、こんな批評ばっかり聴いていても退屈でしょうから、このアルバムに収録されている曲を実際にお聴きくださいませ。

Forward In Reverse

この曲の雰囲気、やっぱりティム・クリステンセンしか作れないんじゃないのかなぁって思ってしまいます。才能の塊です!

I Would If I Could But I Can’t 

この曲を聴いた時に、めっちゃカッコ良い!って思いました。今までの Dizzy Mizz Lizzy に良い意味でのヘビーさが加わって、ロックとしての円熟味を増したというか、そんな感じがしましたね。

あぁ〜、カッコ良い!!

Made To Believe

サビの部分までは今までの Dizzy Mizz Lizzy で、なんとなくホッとするんですけど、サビに入ると一気に攻撃的な曲調になります。なるほど、今回は20年前とは一味も二味も違うんだぞ!っていう意思表示をすごく感じます。って何を言ってもカッコいいのには変わりないです。いやぁ、聴けば聴くほど、このバンドにのめりこみます。ボクもいいおっさんなのに、このロックだけは聴き続けられるんですよね〜(^^;

終わりに

このアルバム、本当に買って良かったと心から思います。この感動を誰かに伝えたいと思って今日はブログ書いたので、その想いがブログを読んでくれる人に少しでも伝わってくれると嬉しい限りですね!

 

ちなみに、1st、2ndアルバムの紹介も見てくださいね〜!

【趣味/洋楽】超オススメの北欧バンド!Dizzy Mizz Lizzy(アルバム:Dizzy Mizz Lizzy)

【趣味/洋楽】超オススメの北欧バンド!Dizzy Mizz Lizzy(アルバム:Rotator)

しばらく旅行や散歩ネタはなさそうなので、次は最近ハマっているロト6ネタか、Dizzy Mizz Lizzy のフロントマン、ティム・クリステンセンのネタでいこうかなぁと思案中です。笑

それではまた。

【号外】おすすめスポットのまとめページ作りました!

皆さん、おはようございます。

今日は、今作成しているページのご紹介というか、お知らせをさせて頂きます!

このブログでは、ボクが実際に足を運んだおすすめスポットをメインにご紹介させてもらってますが、やっぱりブログ形式だと過去に紹介したものってなかなか見返すのが大変ですよね。

カテゴリー分けはしてはあって、ブログと一緒には表示してますけど、サムネイルがすぐ見れて雰囲気が分かるってものでもないし…。

そこで、画像と共に一言説明を付けたページを別で作って、今まで行ったスポットをまとめていきたいと思い、こんなのを作ってます。

おすすめスポット一覧(まとめ)

本当はまとめページからブログにリンクも貼りたいんですけど、今のところそこまで手が回ってないんで、徐々にやっていこうかと思います。

あっ、あと写真をクリックすると大きな画像が表示されます。ブログに貼り付けていたのは小さい画像なので、それも大きな画像で表示できるようにしたいと思ってるんですけど、これまた手が回ってなくて・・・。それまではまとめページで我慢していただければ幸いです。(^^;)

それではまた。