【千葉の小江戸】香取市の水郷・佐原を散策しました!(Part2)

皆さん、こんばんは。

今日は比較的暖かい…というか、少しだけ汗ばむような陽気で、半袖でちょうど過ごしやすい1日でしたね。雨も降らず、蒸し暑くもなく、こういう日が続けば良いなぁと思う今日この頃。

さて、今日は昨日に続き、千葉県香取市の良いところをご紹介。

香取神宮

香取神宮

雰囲気ありますよねー!

香取神宮は、関東地方を中心として全国にある神社の総本社になり、茨城県鹿嶋市の鹿島神宮、茨城県神栖市の息栖神社とともに東国三社の一社。とっても由緒ある神社になります。

やっぱり、〇〇神宮ってつくところって、鹿島神宮といい、伊勢神宮といい、どこも荘厳というか、何とも言えない神聖な雰囲気があって、ボクはとっても好きです。

ちなみに、香取神宮本殿までの道も、ものすごく趣があって、散歩していて良い感じでした。

本殿までの道

どうです?道の両脇に立っている灯篭も、その上から覆いかぶさるように生い茂る木も、より一層神聖な感じを醸し出してました。空気もひんやりとしてて、夏にここを歩いたら気持ちが良いんだろうなぁと思います。

あっ、ちなみに、行ったのは春だったので、残念ながら気持ち良いというよりも肌寒かったです。(^^;

本殿前の門

この門も大きいですよね〜。こういう門をくぐる度に、身が引き締まる思いがします。

ちなみに、皆さんは御祭神の神話をご存知ですか?


御祭神の神話

はるか昔、高天原(天上の神々の国)を治めていた天照大神(あまてらすおおみかみ / 伊勢神宮・内宮の御祭神)は、葦原中国(あしはらのなかつくに / 現在の日本)は自分の息子が納めるべきだとお考えになりました。
葦原中国は荒ぶる神々が争い乱れていたため、天照大神が八百万神に相談すると、天穂日命(あめのほひのみこと)がすぐれた神であるということで出雲国の大国主神(おおくにぬしのかみ)の元に遣わされましたが、天穂日命は大国主神に従い家来になってしまいました。次に天稚彦(あめのわかひこ)が遣わされましたが、天稚彦もまた忠誠の心なく、大国主神の娘である下照姫(したてるひめ)を妻として自ずから国を乗っ取ろうとし、天照大神の元に戻りませんでした。
このようなことが二度つづいたので、天照大神が八百万神にもう一度慎重に相談すると、神々が口を揃えて、経津主神こそふさわしいと言いました。 そこへ武甕槌大神(たけみかづちのかみ / 鹿島神宮の御祭神)も名乗り出て、二神は共に出雲に派遣されることとなりました。
出雲国の稲佐の小汀(いなさのおはま)に着いた経津主、武甕槌が十握剣(とつかのつるぎ)を抜き逆さに突き立て武威を示すと、大国主神は天照大神の命令に従い葦原中国を譲りました。
二神は大国主神から平国の広矛(くにむけのひろほこ)を受け取り、日本の国を平定して、天照大神の元へ復命されたのです。

(出典:香取神宮ホームページ


こういう神話の時代の話も、色々調べると面白いですね!

終わりに

しばらくは旅や観光について書いてきましたが、今日 Google Adsense の認証に通ってちょっとウキウキしてますので、次回は Google Adsense の認証が通るまでについて、ちょっと書いてみたいと思います。

ではまた。

【千葉の小江戸】香取市の水郷・佐原を散策しました!

( ノ゚Д゚)こんばんわー!

と、たまには軽いノリで。笑

今日もまたまた涼しい日で、全然夏らしくなかったですねぇ。暑すぎても何にもやる気なくなっちゃうんで、気温的にはこれくらいの方が良いのかもしれないですけど、もう少し夏らしい感じでも良いなぁと思う今日この頃です。

さて、暑くなる前に、一足早く涼しげな雰囲気を楽しめる場所をお届けします!

香取市の水郷・佐原

最近、某保険会社やら栄養ドリンクのCMやらで、ちょいちょいTVで見かける風景ですが、香取市の水郷・佐原に以前行った時に撮った写真をどうぞ。ちょっと涼しげて良い感じですよ!

佐原の川沿い

どうです?皆さんもTVや雑誌などで一度は見たことのある風景じゃないですか?

佐原の川沿いは、ずっとこんな感じの風景が続いてて、まさに「小江戸」と言う言葉がふさわしい街並みになってます。

ちょっと柳をフレームアウトさせた写真がこちら。

佐原に流れる川をメインに

対岸の建物とかはまさに歴史を感じさせる建物で、「小江戸」って言う言葉がよく合いますね。ちなみに、この川では「舟めぐり」もやっているので、舟に乗りながら街を散策できるんですよ。ボクは残念ながらやりませんでしたけど、散策している人たちは意外と楽しそうでした。ちょっと年配の方が多かったような気もしますけどね。(^^;

樋橋(じゃあじゃあ橋)

樋橋(じゃあじゃあ橋)

この橋は「じゃあじゃあ橋」って言うんだそうです。写真じゃわからないんですけど、実はこの橋の下には、江戸時代の佐原村用水を対岸に渡すための用水路のようになっていて、ここを水が通るたびに橋から下の川にじゃあじゃあと水が溢れ落ちていたことから、じゃあじゃあ橋の愛称で親しまれてきたそうです。今でも30分に1回、観光用で水が流れ落ちるようになってます。橋から水が出てる風景もなかなか面白いですよ。

伊能忠敬旧宅

また、この川沿いには「伊能忠敬旧宅」もあります。

伊能忠敬旧宅

伊能忠敬といえば、江戸時代に全国を歩いて測量をし、日本地図を作った人で有名ですよね。ここから、日本全国測量の旅に出かけたんですかねぇ。そう思うと何となく感慨深いものがあります。

ちなみに、中はこんな感じ。

伊能忠敬旧宅(座敷)

結構綺麗になっててびっくりしました。って、そりゃそうかー。観光用に綺麗にしてるんでしょうから、当たり前ですよね。(^^;

終わりに

小江戸と言われる場所は全国に何箇所かありますけど、ここは川沿いに古い街並みがあってとても良い雰囲気でした。夏の暑い日、川沿いで涼を楽しむなんてのもオススメですよ!

ボクも機会があればまた行きたいと思います。次は絶対に舟で散策するぞっ!!

ではまた。