【日本の美を求めて】金沢にある日本を堪能してきたよ!(Part5 兼六園を歩く)

皆さん、こんばんは。

週末ブロガーのマッサーです。日付変わって今日は週末の金曜日。いわゆる「花金」ってやつですね!(まぁ今時の人は言わないんでしょうが、ボクは既に40歳を過ぎているので、平気で言います。笑)

週末といえば、今週末はいよいよ衆議院選挙ですね。皆さん投票には行かれますか?ボクは既に期日前投票を済ませてきましたよ。今回の衆議院選挙は正直かなり迷いましたが、一応自分で納得のいく候補者に投票していたつもりです。皆さんもきちんと投票には行きましょうね。「オレひとりの票が増えたところでなぁ…」なんて思ってる人、その1票がもしかしたら日本の運命を変える1票になるかもしれないですよ!

ちなみに、今はWEBでこんなサービスもあるので、誰に(どの政党に)投票するのか決めかねている人は使ってみてはいかがですか?

さて、今日は金沢でもっとも有名な場所「兼六園」をご紹介しますね。

兼六園

言わずとしてた日本三名園のひとつ「兼六園」です。場所はこちら(って、これも言わずと知れたって感じですかね?)

先日紹介した金沢城公園のすぐ南に位置する兼六園。こちらも金沢城公園に負けず劣らず風光明媚なところです。ボクが住んでいる茨城にも、日本三名園のひとつ「偕楽園」がありますが、そことはまた違った魅力がいっぱいありました!

そもそも、兼六園っていう名前、どうしてつけられてたかご存知ですか?

「庭園では六つのすぐれた景観を兼ね備えることはできない。広々とした様子(宏大)を表そうとすれば、静寂と奥深さ(幽邃)が少なくなってしまう。人の手が加わったところ(人力)には、古びた趣(蒼古)が乏しい。また、滝や池など(水泉)を多くすれば、遠く(眺望)を眺めることができない」そして、「この六つの景観が共存しているのは湖園(こえん)だけだ」という話があるのですが、兼六園は、この湖園に似つかわしく、全て兼ね備えるのが非常に難しい六つの景観(六勝)を見事に兼ね備えているという理由から、その名を与えられたんだそうです。

兼六園 江戸町通りで昼食

兼六園の紹介から始まるかと思いきや、いきなりの食べ物テロ。笑

こちらは、兼六園江戸町通りで食べた「治部煮ラーメン」なるものです。スープ…というか、治部煮をベースとしたラーメンになります。味は治部煮なんで、甘くトロッとしたスープになりますが、その中にラーメンの麺が忍んでいるという、関東では到底味わえそうにない珍しいラーメンです。もちろん、美味しかったですよ!

治部煮を食べたの初めてだったんで、この甘い治部煮にラーメンが入っていることに衝撃を覚えました(^^;

内橋亭(うちはしてい)

霞ヶ池の西南岸に設けられた水亭が、写真奥に見えると思います(ちょっと小さいですが…)

これは、蓮池馬場の馬見所に建てられていたものを、明治7年(1874)、現在の場所に移築したんだそうです。石脚で支えられたこの亭は、まるで水面に浮かんでいるように見えて、見る人の誰もが魅了されると思います。写真では分かりづらいですが、実物はもっと素敵です!

す、すみません!

松しか書けず…何とも恥ずかしい(^^;

でも、どうしても見てもらいたくて写真載せてみました。この水面までせり出している松の枝があまりにも見事で、見た瞬間は言葉すら出ません!

時雨亭からの眺望

兼六園の中にひっそりと佇んでいる建物で、中で抹茶をいただきました(もちろん有料です!)

ここからの眺めもとても素晴らしく、思わず息を飲んでしまうような、日本の良き風景って感じです。写真じゃ分かりづらいと思いますが、奥の方には小さな滝があって、それもまた風情があって良かったです。

金沢城公園といい兼六園といい、金沢には素晴らしいところが街中に点在してます。本当に羨ましい…。

終わりに

ここまでは風光明媚な金沢の街を見てまわりましたが、この後訪れたのは21世紀美術館。こちらは近代アートがメインの美術館で、ここも凄く良かったです!

今と昔の良いところを融合してできている街なんだなって、改めて実感させられました。あぁ、もいちど行きたい!

ではまた。

【日本の美を求めて】金沢にある日本を堪能してきたよ!(Part3 金沢おでんを嗜む(赤玉本店))

皆さん、こんにちは。

今日は久しぶりの昼間更新@週末ブロガーのマッサーです。本当は週末ブロガーなんかじゃなくて、常にブログを更新していたいんですけど、なかなか難しいですよね〜。みんなどんな感じで更新してるんだろ?

ちょっとニュースを見てたら、「キングオブコント2017」で準優勝した「にゃんこスター」の評価が高かった理由を審査委員のダウンタウン松本人志さんが「消える魔球みたいなもの。もうなんか空気がすごかった」って言っていたという記事を見ました。確かに、あの空気感は凄かった…。今までに無い感じの、見ていて恥ずかしくなるようなネタで、もちろんボクも思わず笑っちゃったんですけど、やっぱり個人的には「かまいたち」の決勝のネタが凄かったなぁ。たかだかウエットスーツを脱ぐだけのネタなんですけど、激烈笑いましたわ〜。

で、せっかくなんでにゃんこスターかまいたちのネタを2本続けてどうぞ。笑

さて、今日は金沢おでんにかなりの感動を覚えた話です。今思い出しても…あれは美味かったなぁ。(´∀`*)

金沢おでんとは?

ウィキペディアで言うところの北陸風のおでんは、こんな感じになるそうです。

「昆布と煮干のだしに金沢大野の醤油を加えて薄味のつゆとするのが金沢流のおでん。一方、能登では風味の強い魚醤いしるも使われる。いずれも冬だけでなく、夏も親しまれている料理。牛すじ、大根、玉子などの一般的な具の他、魚肉のしんじょばい貝車麩、赤巻き、ふかし、かに面、肉いなり、玉子巻きなどの特徴的な具材がある。白味噌におろし生姜を加えた生姜味噌を用意する店もある。」

ということで、金沢おでんは出汁がベースの薄味おでん。具には関東では見られないような車麩やら梅貝海老しんじょうやら蟹しんじょうが入ってます。こんなウンチクも知らないままに金沢おでんを食べに行ったんですけど、いやぁ、普段食べてるコンビニのおでんよりも数倍、いや、数十倍うまい!

そんな中でも、金沢市内で有名な「赤玉本店」っていうお店に行ってきました。「菊一」さんも紹介されたんですけど、金沢の素人にはちょっと敷居が高そうな、本当に昔からある地元の居酒屋っていう雰囲気で、ちょっと二の足を踏んでしまいました(汗)。次回はぜひ菊一さんにお邪魔します!

場所はこちら。

えっと、場所でいうと「香林坊」って呼ばれている場所になるんですかね。今回泊まらせていただいたホテル「金沢ニューグランドホテル」の方に教えていただき、ホテルからまったりと歩いてお店に行ってみました。

で、お店に入った記念に暖簾をパシャっと撮影。

加賀名物ってしっかり書いてありますね。確かに名物と謳って恥ずかしくない味でした。暖簾も雰囲気でますね〜。

で、今回頼んだ実際のおでんがこちら。

珍しいおでんのタネってそんなに頼まなかったんですけど、そんな中でもおでん皿中央から左下にかけての車麩、唯一の串物のつぶ貝、皿中央上にある蕗(ふき)は、関東では見たことないような気がします。少なくともボクの記憶にはないですね。写真左下は、これまた関東ではめったに食べられない「白えびの唐揚げ」です。

いや〜、このおでん、めちゃくちゃ美味かったですよ。

特に車麩。お麩なんで、どうせ口の中でとろけて終わり…って思う人がいるかもしれませんが、それが結構弾力がしっかりしてて、どちらかというとモッチリとした食感でした。で、このお麩がおでんの出汁を思う存分吸い込んでいて、何とも言えない絶妙な味に仕上がってるんです!これには本当に感動!

ちなみに、白えびの唐揚げもカリッとして、さらに普通のえびよりも甘みが強く、まさに絶品でした。

こんな美味しい和の料理を食べてしまったら、日本酒を飲まざるを得ませんね。(^^;

ということで、金沢ではお酒はほぼ日本酒しか飲んでません。笑

この街、観光だけじゃなく食文化も豊かで、本当に羨ましい限りです。皆さんももし金沢に旅行で訪れることがあれば、金沢おでんは外しちゃダメですよ!

終わりに

もちろん、おでんの他にも海産物も有名だし、最近はのど黒なんかもTVでよく見ますよね。せっかくなんでもちろん味わってきましたけど、どれもこれも本当に美味しくて、幸せな体験をしました。あぁ〜、金沢良いとこ!!

次回は、今回の旅で一番感動した「金沢城公園」をご案内しますね!

それではまた。

【茨城グルメ】ここでも美味しいかき氷が食べられるよ!「ライブ&ライブラリーカフェ202」

皆さん、こんばんは。

今週は奇跡的に2日連続の投稿になります。こうして自分の時間が持てるのって幸せですねぇ〜!

特に、今日は天気も結構良くて散歩日和…ってちょっと暑かったけど、風が気持ちよくて散歩しててもすごく気持ちが良かったですよ。歩数にして1万歩弱。いやぁ、よく歩いた!!

で、今日は歩いてどこに行ったかというと、この夏も色んなところで色んな人に食べられたであろう「かき氷」です。

以前、笠間の「雪みるく」というかき氷屋さんを紹介しましたね。

ここももちろん美味しかったんですけど、今度はちょっとケーキっぽいかき氷のご紹介です!

ライブ&ライブラリーカフェ202/水戸

ちょっとお店の名前が長いので覚えづらいんですけど、そこは勘弁してくださいね(^^;

お店の場所

行ったお店の名前は「ライブ&ライブラリーカフェ202」。水戸の芸術館からほど近いところにあります。

すごくこじんまりとしたお店で、ちょっと分かりづらいかもしれないです。行くときには店の外観をきちんと確かめて、お店に入ってくださいね!

お店の中は?

ちなみに、本業はカフェとかかき氷屋さんとかではなく、音楽関連みたいです。

こちらがお店の内観になるんですけど、ギターやらウクレレやらがたくさん並べて飾ってあります。すごく雰囲気のある、良い感じのカフェって感じです。

ほほぉ、なるほど、音楽の方がメインっていうのは何となく分かるゾォ…

って、聞こえてくるお客さんとオーナーさんの本業に関する会話に心の中で頷いてました。

机の上はこんな感じ。

何やら可愛らしいものが飾ってある…と思いきや、ガバッと口を開けた得体の知れない置物が。笑

机の上にまでちょっとしたオブジェを置いて、なかなか細かいところにまでお店の方のこだわりが感じられますね。さらにこの机、写真では分かりませんが、実は古い足踏みミシンなんです。いやぁ、こだわっていらっしゃる!

これは期待大です!!

肝心のかき氷は?

さて、ようやく出てきました!

ちょっと画像が大きくてスミマセン(^^;

でも、はっきりとどんなかき氷か分かるでしょ?

これは、季節限定の黄桃ラズベリーのかき氷です。黄桃の下に敷いてある白いフワッとしたのは、なんと生クリーム

氷自体はそんなにフワッとしてる訳ではないんですけど、このラズベリーと黄桃と生クリーム、冷たい氷の四重奏はかなり心地の良い和音を奏でてくれました。黄桃と生クリームだけだと甘すぎるところですけど、ラズベリーの少し酸っぱい感じがうまく味を引き締めて、さらに氷の冷たさですっきりとした甘さに変えてくれます。こりゃ美味い!

ケーキを意識したこのかき氷、食べる価値ありですよ〜!

で、次に運ばれてきたのはこれ。

こちらは秋らしく、巨峰と梨とイチジクのかき氷。梨はカルピスでマリネにしてあって、珍しい感じのかき氷ですね。でも、この梨のマリネがまた初めて食べる美味しさで、梨とカルピスってこんなに合うんだーって新しい発見をしました!

このマリネが氷の中に隠れてて、そのお陰でかなりひんやりして最高でした。上に乗ってる巨峰たちも、良い感じのコンポートになってて、甘すぎない上品な大人の味に仕上がってます。最初の桃のやつに比べると、同じように生クリーム乗ってはいるけど全体的に甘さ控えめって感じですね。

どちらのかき氷も…

どちらのかき氷も見た目がケーキを意識してて、言うなればかき氷のケーキって感じでしょうか。生クリームもケーキ感を出してるし、その上に乗っているフルーツ類もケーキに乗っててもおかしくない感じだし。味もそうですけど、見た目でも楽しめるかき氷でした。ちょっと値段はお高く、1つ1000円前後にはなってしまうんですけど、値段分の満足感があると思います!

終わりに

今年2回目の、お店でのかき氷。今日は長い時間歩いた後の氷だったんで、より一層美味しさを感じました!ケーキ仕立てっていうのも面白かったし、味、お店の雰囲気も申し分ないと思います。

かき氷を美味しく食べられる季節もあとわずか。この店は、時間があるときに積極的に足を運んでみて、ぜひ味わってみると良いと思いますよ。

それではまた。

【茨城グルメ】隠れ家的ラーメン&餃子屋さん「心華」に行ってみた!

皆さん、こんばんは。

完全に週末ブロガーになってしまっているマッサーです。仕事が忙しすぎて、平日更新する暇が全然ありませんっ!仕方ないですよね〜、しがないサラリーマンは頑張って働いてお金稼がないと生きていけません!なので、頑張って働かないで、儲ける仕組みを何とかして考えていこうと思う今日この頃です(^^;

ということで、今日は久しぶりの投稿になりますが、今唯一の楽しみになっている「美味しいものを食べる」っていうところで攻めてみようと思います。で、早速ですが、最近知った隠れ家的なラーメン&餃子屋「心華」さんに本日足を運んでみましたので、こちらのレポートをどうぞ!

心華(ラーメン&餃子)/笠間市

さてさて、今日のランチは久しぶりの外食となりました。最近ずっとラーメンを食べたかったんですけど、土日になると溜まってた疲れを一気に解消したくなってしまうせいか、スーパー銭湯に行ってみたり家で昼寝してしまったりでして…。今日は意を決して最近知った「心華」というラーメン&餃子屋さんに行ってみました。

ラーメンは2種類。普通のラーメンとチャーシューメンのみです。今日行った時にはすでにチャーシューメンは売り切れていて、普通のラーメン大盛りと餃子を注文。本当はライスが食べたかったんですけど(無類のラーメンライス好きなもんで)、ライスは無いようで、代わりに餃子を勧められました。でも、餃子は注文して正解!

ラーメン!

で、実際に食べたラーメンはこちら。

いや〜、久しく食べてないとっても上品なラーメンです!

スープは昆布煮干し、それとオーブンで焼いた生姜がベースらしく、お店のおかみさん(?)が丁寧に説明してくれました。なるほど、確かに魚介ベースではあるんですけど、透き通ったスープからも分かるようにそんなに濃い味ではなくて、どちらかというとスッキリとした醤油味に仕上がってます。これなら、脂っこいのが苦手な人でもさらっと食べられますね。

で、後から効いてくるのが生姜。食べ進めれば進めるほど、体がポカポカと暖かくなって、全部食べ終わる頃にはスープの暑さも絡まって一気に汗が出てきました!お店の中はクーラーが効いてるのに、何故か汗をダラダラかくという結果に…(^^;

麺は細縮れ麺って感じですかね。細いんで極端な麺のコシは無いですけど、細麺にしてはそこそこしっかりした麺で、あっさりしたスープにきちんとマッチしてました。

チャーシューは、とにかく厚い&デカイ!

トロトロにとろけてしまうタイプではなく、しっかりとした肉の歯ごたえがあります。ボクは肉の食感がきちんとある、この手のタイプのチャーシューの方が好きです!!

餃子!

さて、続いては餃子。

写真じゃ分からないかもしれないけど、とにかくデカイ!

これ、実際には握りこぶし…まではいかないけど、その半分以上はあるビッグサイズですよ。机に運ばれてきた瞬間はちょっとビックリしますね。

肝心な味はというと…これはかなり美味い!

餃子というよりも肉まんに近い生地で、ニンニクがたっぷり入った野菜中心の餡が所狭しと詰まってます。これ、生地がカリッとしてて、揚げ餃子みたいな感じになってます。5個1皿になってますけど、全部一人で食べようとしたら多分ラーメンは全然お腹に入らないかと。(^^;

餃子もこの1種類、野菜餃子しかないけど、これだけ美味きゃ十分です。おそらく、この店はリピート決定ですね!

肝心のお店の場所はこちら。

看板が出てないんで、迷わないようにナビに設定してからお店に向かうことをオススメしますよ!

終わりに

いや〜、やっぱりラーメン&餃子って最高ですな〜!!っていう一言に尽きます。笑

今日はこれ以上余分な言葉で締める必要はありませんね〜。

それではまた。

【茨城グルメ】パン屋さんでオシャレな一日の始まりを(水戸/カスタード)

皆さん、こんばんは。

今日は茨城県知事選挙でしたが、茨城県民の皆さんはきちんと投票に行きましたか?ボクはおやつの時間の3時くらいに投票に行きましたけど、行った時の投票所はボクらの他には誰も投票しに来た人はいなくて、一体投票率はどれくらいになったのか、ちょっと気になりました。

結果は既に出たみたいで、現役最多の8期目を目指した現職知事は敗戦したみたいですね〜。

ん〜、あくまで個人的な意見ですが、あんまり多選をすると何か変化していく力、推進力みたいないのがどんどん失われてしまうような気がしていたんで、今回の結果はそういう考えの人たちが多かったのかなぁって感じがします。ずーっと魅力のない県と言われ続けるのもどうかなと思うんで、これを機にどんどん魅力のある県に変わってくれればいいなぁって思いますね。

さて、いつもの冒頭の雑談はこれくらいにしてと(^^;

今日は我が家で良く通わせてもらっているパン屋さん「カスタード」をご紹介します。水戸近辺に住んでいる皆さん、ぜひ一度お店に訪れてみてはいかがでしょうか?

カスタード/水戸

水戸とは言っても、駅でいうと赤塚駅に近い方になりますかね。(かと言って赤塚駅から歩きで行けるほどの近さではないですが…)

ということで、まずはお店の場所からご紹介しますね。

お店の場所

えっと、水戸近辺に住んでる人じゃないと分かりませんよねぇ(^^;

ひとまず、お店に気軽に足を運べるような近場の人から足を運んでみてはいかがということで、ローカルな地図を載せておきます。もちろん、少し遠いけど足を運びたいなと思う方がいれば、もちろん行ってみてくださいね。味は保証しますよ。(^o^)y

美味しそうな焼きたてパン

次は、実際のパンの画像になりま〜す。

この日は朝7時にお店に行き、焼きたてパンを買わせていただきました!この写真は朝日に照らされる焼きたてパンです。ちなみに、買ったのは、左からパン生地に卵とベーコンをそのまま乗せて焼いた「大目玉」と、プリプリのソーセージとパンの相性がとっても素晴らしい「シャウエッセン」っていうパンになります。

いやぁ、ボク、この店に行くと大概この2つに落ち着いちゃうんですよね。何でかっていうと、卵とソーセージが大好きだから!笑

あっ、もちろんパンとしてとっても美味しいから買ってるんですよ。もちもちふんわりに焼き上げたパンが卵とソーセージに良く合うんです。これ以外のパンも、どれも美味しいですよ。パンだけじゃなくて、パウンドケーキなんかも販売してるんですが、これもまた美味い!

お店の雰囲気

お店の中はこんな感じです。

朝7時なのに、既に結構なお客さんが入ってます!でもこれが人気のバロメータ。美味しいからこれだけのお客さんが来るんですね。ちなみに、開店前にはお店に待ち行列が発生してました。朝早くから結構な列になってたんで、実はビックリしました。(゚д゚)!

お店にはイートインコーナーがあってドリンクバーも注文できるんで、たくさんのパンを眺めながら、優雅な朝食を楽しむことができますよ。

終わりに

美味しいパン屋さんで朝食を取りながら一日の予定を考える…ちょっと優雅な気分になりますよ。お金はなくとも心はリッチ。皆さんも清々しい一日の始まりを、美味しいパン屋さんから始めてみませんか?(おぉ、何だかキャッチコピーがいつになく洒落た感じになった!(笑))

最後に、お店のHPはこちらになります。

それではまた。

【茨城の名所】美味しい魚を食べたよ!『食い処 くりたや』(那珂湊おさかな市場)

皆さん、こんばんはー。

今日も仕事が忙しかったですが、なんとかブログを書く時間ができたので、頑張って更新してみようかと思います。

にしても、今日は暑かったですねぇ。最近低い気温が続いてたんで会社に行くのも結構楽だったんだけど、さすがに今日は朝から汗だく!こんなんじゃ会社に着く前にトロけちゃいますって。勘弁してくださいよー、お天道さん。(^^;

さて、今回は先日のブログにも書いた通り、ちょいとグルメ情報を1つぶっこんでみようかと思います。笑

食い処 くりたや(ひたちなか市)

先週末に、ひたちなか市にある『食い処 くりたや』さんに行ってきました。ひたちなか市にあるっていっても、那珂湊おさかな市場のすぐ隣なんで、ひたちなか市の本当に外れって感じですね。ということで、場所はこちらになります。

場所(地図)

思いっきり那珂湊おさかな市場の隣にあるんで、駐車場もおさかな市場の100円パーキングを使わせてもらうのがベストですね!

まぁ、ここまできたらおさかな市場の回転寿司っていうのも候補としてはあるんですけど、ちょっとお高めなんですよね〜。もちろん、ネタはでかいし新鮮なんで「このネタでこの値段なら納得!」っていうことにはなるんですけど、寿司だと結構な量を食べちゃって、トータルの値段が結構いってしまうんで、くりたやのような定食屋で決まった量を食べた方が安上がりになりますね。

さて、お店の外観ですが…スミマセン、写真撮るの忘れました。(^^;

ということで、外観や他の人が撮った写真、口コミなんかはこちらを参考にしていただければ。

店舗情報(食べログより)

もちろん、ここに書いてある口コミなんかは良いことも書いてあれば悪いことも書いてあるので、まずは気になったら自分の足で確かめてみるのが一番だと思います。が、ここは管理人マッサーのブログなんで、ボクが思ったことをそのまま書きます。

実際に注文した「なかおち・いくら丼」

さて、こちらが実際にボクが注文した「なかおち・いくら丼」になります!

ちょっと写真の撮り方が悪かったんで、丼ものが少し寂しく感じます。店員さん、うまく写真が撮れなくてゴメンなさい。その分、文章で美味しさを伝えますから!

さて、まず感動したのは写真右下のお味噌汁。海藻類が結構たくさん入ってて、磯の香りがしっかりと感じられる味噌汁です。これは絶品!

そして左上のイカの煮物。これもしょっぱすぎず、甘すぎず、ちょうど良い味付けで美味しかったですよ。冷えているのに全然イカが硬くなってなくて、ご飯のお供、そしてお酒のお供にもピッタリに感じました。(といっても、車で行ったんでお酒は飲んでないですよ。)

もちろんメインのなかおち・いくら丼も最高でした。写真では分かりませんけど、実はなかおち結構乗ってます!上から平面的に撮ってしまったんでそんな感じに見えちゃいますけど、横から撮ったら上にきちんと盛り上がってるのが分かります。(じゃあ横から撮れよ!って?…そこはスミマセン(汗))

なかおちは新鮮が故に全然生臭くなく、しっかりとした赤身の味を堪能できます。いくらもたくさん乗ってて、口の中でブチブチ感を思う存分味わえるので、とっても贅沢な気分になれますね。ただ、残念ながらお米が少し冷えて硬くなってしまってたので、冷えてもご飯がふっくらするような工夫が何かあればより良いかなと思いました。ここは今後に期待ですね♪

いずれにせよ、味はとても良かったんで、また行っても良いかなって思います。

那珂湊おさかな市場に行くと、だいたい回転寿司食べちゃうんで、こういう定食屋もたまには良いもんですよ。

ちなみに、ボクのオススメは「海鮮丼」です。食べてないのに推してますが、実際に食べてる人の海鮮丼を見て、色んな種類の海鮮が所狭しと乗っかっている姿がとっても豪勢に見えました。もちろん、その人はとっても美味しそうに食べてたんで、次に行った時はボクもこれ食べます!

終わりに

あぁ、うまいもんって、食べると幸せになりますよね〜。

また時間とお金があれば、美味しいものを食べに行ってこようっと。これ、良いストレス発散になりますよ!

それではまた。

追伸)前回、那珂湊おさかな市場に行った模様はこちら。

【茨城の名所】美味しい魚を食べよう!『那珂湊おさかな市場』(ひたちなか市)

皆さん、こんばんは。

どーも、お久しぶりです!

最近、平日は仕事が忙しく、休日はお盆でこちらも忙しく、ブログが更新できていませんでした…orz

今日はようやく早めに仕事あがれたので、久しぶりに自分のPCに向かってキーボード打ってます。あぁ、仕事では死ぬほどキーボード打ってるけど、このマッタリといろんな事に思いを馳せながら打つのって、自分で好きなことやってるなぁっていう実感が持てて気持ち良いです!(^^;

これからもまだまだ仕事にプライベートに忙しい事になるので、更新は不定期になります。しばらくネットの世界から離れるかもしれませんが、ボクの事忘れないでくださいねぇ〜〜〜。

さて、今日は久しぶりに先週土曜日に行った、茨城の中では観光客がかなり訪れるスッポトを…違った、スポットをご紹介します。

那珂湊おさかな市場

茨城県民なら一度は行ったことある人が多いと思われる「那珂湊おさかな市場」。土日、祝日になると地元の人から県外の人まで、安い魚美味しい魚を求めて集まってきます。

ちょっと天気が悪くて暗い写真になっちゃいましたが、先週土曜日のおさかな市場です。連休の中日だったんで、いつもの混雑ぶりと比べると少し人が少なかったように思いますが、この日もたくさんの人が集まっていました。

ここの市場の良さは何と言っても

  1. お魚が新鮮で安い!
  2. 魚屋に併設されている回転寿司屋のネタが大きくて旨い!
  3. 「アクアワールド茨城県大洗水族館」と「国営ひたちなか海浜公園」の間に位置し、レジャーを楽しむついでに寄れる!

というところです。

オススメポイント① お魚が新鮮で安い!

魚が新鮮で安いのは、おさかな市場なんだからある意味当たり前。じゃないとおさかな市場の意味がないですからね。でも、本当に美味しい魚が売ってます。刺身はもちろんのこと、売っている干物がまた旨いのなんのって。特にお気に入りは赤魚の干物で、とにかくが乗ってて味も濃厚。まさに「絶品」っていう呼び名が似合います。

はい、こんな風に岩牡蠣も売ってて、その場で食べることもできます。これ、いつも結構な行列ができてるんですよ。(写真では全然分かりませんが…汗)

魚屋さんの中はこんな感じで売ってます。ちょっと恥ずかしくて大っぴらに写真を撮ることができなかったので今一歩な仕上がりになっちゃってますが、少しでも雰囲気を味わってもらえればありがたい限りです。

ほい、もう一枚!

オススメポイント② 魚屋に併設されている回転寿司屋のネタが大きくて旨い!

そんな魚が売っている市場だからこそ、併設されている回転寿司がまた旨い!ネタは新鮮で大きいんで、食べ応え満点ですよ。ただ、100円寿司ではないので少々お高く感じるかもしれません。それでも、一度はここで食べることをオススメします。あっ、ランチはとにかく混んでるんで、ある程度待つことは覚悟してくださいね。

オススメポイント③ 関東近郊の足を延ばし易い地域にある!

で、加えてこの立地。一応関東にあるので、都心からも車で1時間半もあればこれるし、ひたちなか海浜公園で遊んだ後に寄っても良いし、大洗水族館に行ったついでにお土産見に行っても良いし、とにかくレジャースポットから近いところにあるんで、寄り易いと思いますよ。

車で行くにしても、近くに高速おインターがあるので都心からなら1時間半程度で到着します。十分に足を延ばせる時間ですよね。常磐道+北関東自動車道ですぐに着いちゃうので「来週末どこかに遊びに行こうか!?」ってなった時に、この大洗からひたちなかのスポットを候補に挙げても良いんじゃないでしょうかね〜。っていうか、ぜひ候補に挙げてくださいっ!!

ちなみに、港だけあって海に面しているところにおさかな市場があります。こちらはそのおさかな市場の駐車場から海を撮った写真です。まぁ、こんなところにあるよーっていうことで。

参考までに、那珂湊おさかな市場のホームページをご紹介しておきます。

終わりに

茨城って何にもないイメージが強くて、いつも魅力のない県1位、2位を争ってますけど、実は結構見所あるんですよ。このブログで今後も色々紹介していこうと思うんで、ぜひ皆さん茨城に興味を持ってくださいね!!

それではまた。

【グルメ情報】麺家ふじひろに行ってきた!(お久しぶりの訪問)

皆さん、こんばんは。

今日はこんな時間からの投稿になります。本当は眠い…今すぐにでも寝てしまいたい。だけど、好きなことをして生きるためには、やりたいことをやる!ただそれだけです!(心屋仁之助さんの本に完全に感化されちゃってます。)

で、心屋仁之助さんの名前を出しておいてなんですが、今日は『「好きなこと」だけして生きていく。』の第3章について語っていこうかとも思ったんですが、あんまり真面目すぎるネタを書き続けるのもボクの性に合わないんで、今日は一息ついてラーメンの話題を。

「麺家ふじひろ」に行ってきた!

先日…といっても何ヶ月か過去に遡ってしまいますが。(^^;

お久しぶりに麺家ふじひろに行ってきました。ここは本当に出来たての頃に行ったのと、2年ぐらい前のサッカーの試合をやった後にふらっと足を運んだのぐらいで、あんまりお店に対しての執着心もなかったんですが、いつの間にやら2号店まで出来てて、ちょっとビックリしました。

あ、ちなみにボクが行ったのは1号店の方…だと思います。

「麺家ふじひろ」の場所

場所はこちら。

水戸市の国道6号から海側にちょっと外れたところにあります。道沿いの結構目立つところに看板があるんで、まず間違いなく1発でたどり着けると思いますが、たどり着けない人は、ちょっと歩行音痴?笑

近くに「麺処 門つる」っていう有名店もあるんで、なかなか厳しいんだろうなぁなんて思いきや、2号店までちゃっかり出しちゃってるところを見ると、それなりに儲けてはりまんなぁ、ふじひろはんっ!

肝心なラーメン画像

さて、肝心のボクが食べたラーメン画像がこちら。

これがボクが食べた普通の醤油ラーメンです。

まぁ、普通といっても見た目で何と無く想像がつくように、本当にノーマルな醤油ラーメンではなくて、豚骨魚介系ラーメンです。豚骨ベースのスープに魚粉がたっぷり乗っていて、中太麺によく絡むスープになってます。麺のコシ、歯ごたえもちょうど良いモチモチ感で、突拍子もない高い評価にはなりませんけど、安定&安心できる美味しさがあります。

ちなみに、写真にほんのり写ってますが、ボクがラーメンを食べる時には十中八九ラーメンライスになります♪

ここはラーメンもさることながら、コーヒーと杏仁豆腐の安さがとにかく際立ってます!

なんと…

コーヒー:50円!

杏仁豆腐:50円!

コーヒー&杏仁豆腐のセット:なんと80円!

そう、これだけでお得感が満載なんです!!

さらには、コーヒー自体も決して粗悪なものを提供している訳でもなければ、お代わりも何杯も出来ちゃうし、杏仁豆腐も50円には相当美味しい杏仁豆腐が出てきます。コスパで考えたら、満足度はかなり上を行きますね。

2号店の方には行ったことないですけど、このコーヒー&杏仁豆腐だけでも、この店はオススメに値しますので、近場に住んでる方はぜひ一度足を運んでみてくださいね〜。(勧めてますけど、ボクはお店の関係者ではありませんよ〜。)

終わりに

最近外食してないんで、お店情報がなかなか共有できません!

本当なら、時間に余裕がある時にでも、ちょっとリッチに外食したいなぁなんて思ってるんですが、最近色々と忙しくて…。

でも、直近で外に食べに行きそうな予感がするので、その時にはみんなに喜んでもらえるお店情報を提供しますんで、今しばらくお待ちを。

それではまた。

【夏の風物詩】茨城・笠間のかき氷人気店「雪みるく」でかき氷食べた!(リベンジ成功!)

皆さん、こんばんは。

今日もすこぶる暑い日になりましたが、皆さん日射病、熱射病にはなりませんでしたか?外出するときはきちんと帽子をかぶって、出来るだけ長時間日光の下にいないように、気をつけないといけませんね。これから夏休みを取る方も少なくないと思いますんで、楽しい休暇を過ごすために、十分注意をしましょうね。もちろん、ボクも1週間前に買った帽子をかぶって体調管理に気をつけます。(^_^)v

さて、今日は先日足を運んだけど結局食べられなかったかき氷の話の続きです。ちなみに、前回の話はこんな感じ。

【夏の風物詩】茨城・笠間のかき氷人気店「雪みるく」に行って見た(本当に見ただけ…涙)

それでは、本編スタートゥッ!!

雪みるく/かき氷屋

前回は、お店に着いたのが12時過ぎくらいだったと思うんですけど、その時は「今からだと店に入れるのが16:00ぐらいになります!」と言われてやむなく断念したんで、今日は10:00ちょっと過ぎにお店に行きました。お店っていっても、外から見たら単なる古民家って感じで、到底かき氷なんて出してるようには見えません。笑

お店の外観

どうです?古民家でしょ?(^^;

外観だけでは、お店なのかどうなのかなんて全然わかりません。ただ、人がなんとなく入っていくのと、右側(写真に写っていないところ)の窓から中を覗くとテーブルが5個ぐらい並んでて、そこでかき氷を食べている人がいるのを見て、ようやくお店だって分かる感じです。

今回は早くに着いたんですぐに入れるだろうと思ったんですけど、それでも整理券をもらった後に「11:30までにまた来てください」と言われました。

一体、どれだけ早くくりゃいいんだい、雪みるくさん??

とりあえず、食べログには開店時間が11:00と書いてあったんで、まぁ11:00〜11:30の間に行けば良いんだろうと考えると…あと1時間。暑かったですけど、特にやることもないし、周りをブラブラと散歩することにしました。

まぁ、周りは前回もお話ししましたがこんな感じ。

店のあるところは、すこぶる田舎です!

いやぁ、暇を潰せるところは一切なし。ただひたすら、古民家と田んぼと雑草が見えるのみです。でも、たまにはこういう風景で心の洗濯をするのも重要ですよ!

安国寺

これも散歩していて見つけたお寺で、なかなか風情があります。どうやらこの近くはそれなりに遺跡があるらしく、後で調べたんですが、館岸城跡などがあるそうです。機会があれば見てみたいですね。

そろそろ本題のかき氷にいきましょうか!

かき氷を食す!

店に入って席に着いてからかき氷が出てくるまで、30分程度の時間がかかりました。作る人がそれほどいないのと、お客さんもいっぱいなので、なかなか周りきっていない模様。(^^;

そして、焦らされながらも待ちに待ったものが出て来ました!

シャインマスカット

シャインマスカット

どどーんっ!!

どうです、この盛り具合!これは季節のかき氷で「シャインマスカット」です。

氷の上に、大ぶりのシャインマスカットが惜しげも無く乗っかっています。あっ、ちなみにマスカットは食べやすいように半分にカットされてますよ。

これだけ見ると、マスカットは上にのっかているだけに見えますけど、実は氷の中にも、これまた惜しげも無く入ってます!

氷にかかっているシロップは、練乳のように甘過ぎず、薄味なんですけど上品な甘さが清涼感を際立たせる感じで、マスカットのフレッシュな甘酸っぱさと絶妙にマッチしていますね。

氷も、なんとなく写真を見て分かるかもしれませんが、本当にフワフワ!口に入れた瞬間、口の中にフワッと広がってあっという間に溶けてしまう、なんとも口当たりの良い氷です。いや〜、いくらでも食べれそう!(お腹が途中で痛くならなければですけど。笑)

プラムヨーグルト

プラムヨーグルト

こちらもどどーんっ!!

この盛り具合もすごい!季節のかき氷「プラムヨーグルト」です。プラムをかき氷にするって珍しいですよね〜。その珍しさについ手が出てしまいましたが、これが大正解。(^_^)v

上に乗っかっている赤いソースはプラムで作ったジャムなんですけど、果肉がゴロゴロと入ったジャムで程よい甘酸っぱさです。写真ではちょっと見づらいんですけど、全体的にヨーグルトソースがかかっていて、こちらもすごくさっぱりとしてます。

もちろん、この果肉いっぱいジャムもかき氷の中に忍ばせてあって、最後までプラムの甘酸っぱさが味わえます。食べ終わるまで、ずっと満足感が続きます。

他にも美味しそうなかき氷がいっぱい!

ここの一番人気はメロンのかき氷なんですけど、メロンを半分に切ってタネをくり抜いたものをお皿にし、その上からフワフワの氷をどどーんと乗せて出しています。見た目がとにかく凄いんで、インスタ映えはとってもしそうです。

他にも気になるところで、桃の果実がゴロッと入った「桃ミルク」や、オレンジの美味しそうなソースを自分でかける「マンゴー」なんかも美味しそうでした。まだまだ食べたいものはあるんで、完全にリピート決定です!

お店の場所

前にもお知らせしましたが、皆さんが迷わないようにお店の場所を載せておきますね。

皆さん、行くときは迷わずに行ってくださいね!

終わりに

いやぁ、初めてかき氷で感動しました。この暑い夏を乗り切るためには、たまにはこういう冷たいご褒美を体に与えてあげることも必要ですね!(自分に甘いだけ?笑)

皆さんも夏が終わる前に、機会があれば是非足を運んでみてくださいね〜。

それではまた。

【夏の風物詩】茨城・笠間のかき氷人気店「雪みるく」に行って見た(本当に見ただけ…涙)

皆さん、こんばんは。

今日も相変わらずうだるような天気で、外に出るのが辛かったですね〜!気温も茨城の水戸は35度近くまで上がるとの予想で、外に出る前はある程度覚悟して出て行ったんですが…とにかく暑くてもうダメ。

そうそう、こんな暑い日は熱射病にかかりやすいので、出来るだけ帽子なんかをかぶって外に出ましょうね!

ということで、久しぶりに自分の身に付けるもの、帽子を買ったので、せっかくだからこんなのを買いましたってことで画像をアップしてみようかな〜。

バケットハット?

これ、バケットハットっていうんですかね?(^^;

今まで帽子というと、夏なら普通にキャップ系統をかぶるか、冬はニット帽をかぶるかぐらいだったんですけど、今回は今までかぶったことのないタイプの帽子に挑戦!どうだろ、果たして似合うんだろうか…?

40歳を過ぎたらファッションはどうでも良いかなぁ〜…なんて思う人もいるかも知れませんけど、ボクは一緒に歩く自分の奥さんのためにも、出来ればいつまでも素敵な旦那でいたいので、着るもの、身に付けるものにはちょっとだけ気を使うようにしています。もちろん、家計を考えて決して高価なものは望まないですよ。身の丈にあったオシャレなものが良いですね。

さて、本題に。(前置きが長いって!?)

今、茨城でかなり有名で、県外からも足を運ぶ人もいるという、かき氷屋さんに行ってきました!

雪みるく/かき氷屋

かなりの有名店らしいんですけど、笠間の山々の麓に位置してて、なんだか狭い農道のようなところを通らないと行けません。もちろん、車がすれ違うことなんて不可能!

ちなみに場所はこちらになります。

お店の周りはというと…ほとんど田んぼばっかりです。

写真撮ってきたんで、お見せしますね〜。

…あ゛〜〜〜!写真に手が写り込んでるっ!!

まぁ、気にしない気にしない。笑

どうです?左側は全部田んぼ。夏の稲は見事なまでに青々としていて、見ていてとっても清々しいです。あ、もちろん気温は全然清々しくないです。(^^;

で、肝心のお店はというと、この右側にあるんですけど、写真は撮ってきてないです。なぜなら…食べれてないからっ!!(;_;)

行った時は多分12時から13時の間くらいだったと思うんですけど、この時点でお店の人に言われたのは

今から整理券をもらう人は、16時からの入店になります〜

の一言。

16時まで時間を潰すようなところは近くにないし(田んぼばっかりだし)、どうしようもなくて泣く泣くあきらめて帰ってきました。

なので、今度行った時のために「店の写真を撮る」という行為はお預けにしておこうと思った次第で。

ただ、このブログを見てくれた人には店の紹介ができないのは非常に申し訳ないので、以下の情報を載せておきます。近隣の県の方であれば、一度は来てみてはいかがでしょうか?(って、行けてないボクがいうのも何ですが…。)

笠間 雪みるくのblog

終わりに

今回は残念ながら評判のかき氷を食すことは出来ませんでしたけど、必ずリベンジを果たそうと思います。それまで、かき氷はおあずけです!!(キリッ

それまで雪みるくさん、ボクの事待っててくださいね〜!!

それではまた。

追伸/リベンジ成功!!

1週間後に再びお店に訪れ、無事にリベンジを果たしました!

その模様はこちらからどうぞ。

【夏の風物詩】茨城・笠間のかき氷人気店「雪みるく」でかき氷食べた!(リベンジ成功!)