【日本の美を求めて】金沢にある日本を堪能してきたよ!(Part5 兼六園を歩く)

皆さん、こんばんは。

週末ブロガーのマッサーです。日付変わって今日は週末の金曜日。いわゆる「花金」ってやつですね!(まぁ今時の人は言わないんでしょうが、ボクは既に40歳を過ぎているので、平気で言います。笑)

週末といえば、今週末はいよいよ衆議院選挙ですね。皆さん投票には行かれますか?ボクは既に期日前投票を済ませてきましたよ。今回の衆議院選挙は正直かなり迷いましたが、一応自分で納得のいく候補者に投票していたつもりです。皆さんもきちんと投票には行きましょうね。「オレひとりの票が増えたところでなぁ…」なんて思ってる人、その1票がもしかしたら日本の運命を変える1票になるかもしれないですよ!

ちなみに、今はWEBでこんなサービスもあるので、誰に(どの政党に)投票するのか決めかねている人は使ってみてはいかがですか?

さて、今日は金沢でもっとも有名な場所「兼六園」をご紹介しますね。

兼六園

言わずとしてた日本三名園のひとつ「兼六園」です。場所はこちら(って、これも言わずと知れたって感じですかね?)

先日紹介した金沢城公園のすぐ南に位置する兼六園。こちらも金沢城公園に負けず劣らず風光明媚なところです。ボクが住んでいる茨城にも、日本三名園のひとつ「偕楽園」がありますが、そことはまた違った魅力がいっぱいありました!

そもそも、兼六園っていう名前、どうしてつけられてたかご存知ですか?

「庭園では六つのすぐれた景観を兼ね備えることはできない。広々とした様子(宏大)を表そうとすれば、静寂と奥深さ(幽邃)が少なくなってしまう。人の手が加わったところ(人力)には、古びた趣(蒼古)が乏しい。また、滝や池など(水泉)を多くすれば、遠く(眺望)を眺めることができない」そして、「この六つの景観が共存しているのは湖園(こえん)だけだ」という話があるのですが、兼六園は、この湖園に似つかわしく、全て兼ね備えるのが非常に難しい六つの景観(六勝)を見事に兼ね備えているという理由から、その名を与えられたんだそうです。

兼六園 江戸町通りで昼食

兼六園の紹介から始まるかと思いきや、いきなりの食べ物テロ。笑

こちらは、兼六園江戸町通りで食べた「治部煮ラーメン」なるものです。スープ…というか、治部煮をベースとしたラーメンになります。味は治部煮なんで、甘くトロッとしたスープになりますが、その中にラーメンの麺が忍んでいるという、関東では到底味わえそうにない珍しいラーメンです。もちろん、美味しかったですよ!

治部煮を食べたの初めてだったんで、この甘い治部煮にラーメンが入っていることに衝撃を覚えました(^^;

内橋亭(うちはしてい)

霞ヶ池の西南岸に設けられた水亭が、写真奥に見えると思います(ちょっと小さいですが…)

これは、蓮池馬場の馬見所に建てられていたものを、明治7年(1874)、現在の場所に移築したんだそうです。石脚で支えられたこの亭は、まるで水面に浮かんでいるように見えて、見る人の誰もが魅了されると思います。写真では分かりづらいですが、実物はもっと素敵です!

す、すみません!

松しか書けず…何とも恥ずかしい(^^;

でも、どうしても見てもらいたくて写真載せてみました。この水面までせり出している松の枝があまりにも見事で、見た瞬間は言葉すら出ません!

時雨亭からの眺望

兼六園の中にひっそりと佇んでいる建物で、中で抹茶をいただきました(もちろん有料です!)

ここからの眺めもとても素晴らしく、思わず息を飲んでしまうような、日本の良き風景って感じです。写真じゃ分かりづらいと思いますが、奥の方には小さな滝があって、それもまた風情があって良かったです。

金沢城公園といい兼六園といい、金沢には素晴らしいところが街中に点在してます。本当に羨ましい…。

終わりに

ここまでは風光明媚な金沢の街を見てまわりましたが、この後訪れたのは21世紀美術館。こちらは近代アートがメインの美術館で、ここも凄く良かったです!

今と昔の良いところを融合してできている街なんだなって、改めて実感させられました。あぁ、もいちど行きたい!

ではまた。

【日本の美を求めて】金沢にある日本を堪能してきたよ!(Part4 金沢城公園を歩く)

皆さん、こんばんは。

週末ブロガーのマッサーです。週末ブロガーとは言いつつ、更新できるときは週末に限らず更新していこうと思う今日この頃です!(果たしていつまで続くことやら…っていうか、既に週末ブロガーに戻ってますが。笑)

突然ですが、今週の中で一番驚いたニュースはこれ!

ブルガリから 『ジョジョ』人気キャラ・キラークイーンの限定バッグ&ウォレット登場

いやぁ、やってくれますね、ブルガリさん!

まさか、ジョジョとコラボしてしまうとは。しかもよりによって「キラークイーン」っていう良いところをチョイスしてくれました!

こちらのトートバッグ、お値段なんと180,000円(税別)!どんだけ高いコラボやねん!って思わずツッコミを入れてしまいそうになる値段ですね〜(^^;

果たして、これを買う人はいるのでしょうか?(きっと生粋のジョジョマニアなら手を出すとは思いますが…)

にしても、何でブルガリはジョジョとコラボしようと思ったんでしょうかね?そこが一番の謎な気がしますが。

さて、今日は「金沢城公園」を散策してきた時の様子をご紹介します!

金沢城公園

加賀百万石の象徴ともいうべき金沢城。その城址が「金沢城公園」として金沢の街の中心にあります。

場所はこちら。

この地図を見ても分かる通り、とにかく大きいです!

ただ大きいだけじゃなくて、緑の芝生、五十間長屋など、じっくりと眺めたいところもいっぱいあります。金沢の旅雑誌には、所要時間が大体1〜2時間で書いてあるものが多いですけど、きちんと見て楽しむのであれば、そんな時間じゃ全然足りません!少なくとも3時間はかかりますので、そのつもりで行ってみてくださいね。

金沢城といえば、かの有名な武将「前田利家」が本格的に城造りを始めたことで有名ですね。青年時代の利家は血気盛んで槍の又左衞門槍の又左などの異名をもって呼ばれてたというのも、歴史好きの人であれば誰もが知っている話だと。

さて、この金沢になくてはならない金沢城公園。こんな感じのところですっていうのを紹介していきます。

玉泉院丸庭園

綺麗ですね〜!

ここは玉泉院丸庭園といって、加賀藩三代藩主「前田利常」が作庭したそうです。何とも風光明媚。実際に見ると、写真とは比べ物にならないぐらい綺麗なところですよ!

五十間長屋

ここは、五十間長屋と呼ばれる建物で、武器等の倉庫だったそうです。中には入場料を払うと入ることができます。いや〜、とにかく広い!菱櫓と橋爪門続櫓もこの五十間長屋に繋がってて、戦になった際にはこの櫓から石を投げたり、鉄砲を打つように作られてます。

橋爪門

橋爪門は二の丸御殿へ至る最後の門として、通行に際しては一番厳しい制限がかけられていた門なんだそうです。近くで見ると、とにかく立派です!

広い敷地

これは五十間長屋を面から見たところですが、とても広いですよね〜。天気の良い日にここを散歩すると、とても気持ちが良いです。ちなみに、お堀も見えるところがあって、これも眺めていて本当に気持ちが良いです。

 

金沢城公園、本当に良いところでしたよ!

終わりに

今回紹介したのはほんの一部。この他にも見所いっぱいなんで、金沢に旅行に行った際には必ず立ち寄ってくださいね!

ではまた。

【日本の美を求めて】金沢にある日本を堪能してきたよ!(Part3 金沢おでんを嗜む(赤玉本店))

皆さん、こんにちは。

今日は久しぶりの昼間更新@週末ブロガーのマッサーです。本当は週末ブロガーなんかじゃなくて、常にブログを更新していたいんですけど、なかなか難しいですよね〜。みんなどんな感じで更新してるんだろ?

ちょっとニュースを見てたら、「キングオブコント2017」で準優勝した「にゃんこスター」の評価が高かった理由を審査委員のダウンタウン松本人志さんが「消える魔球みたいなもの。もうなんか空気がすごかった」って言っていたという記事を見ました。確かに、あの空気感は凄かった…。今までに無い感じの、見ていて恥ずかしくなるようなネタで、もちろんボクも思わず笑っちゃったんですけど、やっぱり個人的には「かまいたち」の決勝のネタが凄かったなぁ。たかだかウエットスーツを脱ぐだけのネタなんですけど、激烈笑いましたわ〜。

で、せっかくなんでにゃんこスターかまいたちのネタを2本続けてどうぞ。笑

さて、今日は金沢おでんにかなりの感動を覚えた話です。今思い出しても…あれは美味かったなぁ。(´∀`*)

金沢おでんとは?

ウィキペディアで言うところの北陸風のおでんは、こんな感じになるそうです。

「昆布と煮干のだしに金沢大野の醤油を加えて薄味のつゆとするのが金沢流のおでん。一方、能登では風味の強い魚醤いしるも使われる。いずれも冬だけでなく、夏も親しまれている料理。牛すじ、大根、玉子などの一般的な具の他、魚肉のしんじょばい貝車麩、赤巻き、ふかし、かに面、肉いなり、玉子巻きなどの特徴的な具材がある。白味噌におろし生姜を加えた生姜味噌を用意する店もある。」

ということで、金沢おでんは出汁がベースの薄味おでん。具には関東では見られないような車麩やら梅貝海老しんじょうやら蟹しんじょうが入ってます。こんなウンチクも知らないままに金沢おでんを食べに行ったんですけど、いやぁ、普段食べてるコンビニのおでんよりも数倍、いや、数十倍うまい!

そんな中でも、金沢市内で有名な「赤玉本店」っていうお店に行ってきました。「菊一」さんも紹介されたんですけど、金沢の素人にはちょっと敷居が高そうな、本当に昔からある地元の居酒屋っていう雰囲気で、ちょっと二の足を踏んでしまいました(汗)。次回はぜひ菊一さんにお邪魔します!

場所はこちら。

えっと、場所でいうと「香林坊」って呼ばれている場所になるんですかね。今回泊まらせていただいたホテル「金沢ニューグランドホテル」の方に教えていただき、ホテルからまったりと歩いてお店に行ってみました。

で、お店に入った記念に暖簾をパシャっと撮影。

加賀名物ってしっかり書いてありますね。確かに名物と謳って恥ずかしくない味でした。暖簾も雰囲気でますね〜。

で、今回頼んだ実際のおでんがこちら。

珍しいおでんのタネってそんなに頼まなかったんですけど、そんな中でもおでん皿中央から左下にかけての車麩、唯一の串物のつぶ貝、皿中央上にある蕗(ふき)は、関東では見たことないような気がします。少なくともボクの記憶にはないですね。写真左下は、これまた関東ではめったに食べられない「白えびの唐揚げ」です。

いや〜、このおでん、めちゃくちゃ美味かったですよ。

特に車麩。お麩なんで、どうせ口の中でとろけて終わり…って思う人がいるかもしれませんが、それが結構弾力がしっかりしてて、どちらかというとモッチリとした食感でした。で、このお麩がおでんの出汁を思う存分吸い込んでいて、何とも言えない絶妙な味に仕上がってるんです!これには本当に感動!

ちなみに、白えびの唐揚げもカリッとして、さらに普通のえびよりも甘みが強く、まさに絶品でした。

こんな美味しい和の料理を食べてしまったら、日本酒を飲まざるを得ませんね。(^^;

ということで、金沢ではお酒はほぼ日本酒しか飲んでません。笑

この街、観光だけじゃなく食文化も豊かで、本当に羨ましい限りです。皆さんももし金沢に旅行で訪れることがあれば、金沢おでんは外しちゃダメですよ!

終わりに

もちろん、おでんの他にも海産物も有名だし、最近はのど黒なんかもTVでよく見ますよね。せっかくなんでもちろん味わってきましたけど、どれもこれも本当に美味しくて、幸せな体験をしました。あぁ〜、金沢良いとこ!!

次回は、今回の旅で一番感動した「金沢城公園」をご案内しますね!

それではまた。

【日本の美を求めて】金沢にある日本を堪能してきたよ!(Part2 ひがし茶屋街/主計町(かずえまち)茶屋街を歩く)

皆さん、こんばんは。

自称・週末ブロガーのマッサーです。前回更新してからそれほど間を空けずの更新になります。ハードな毎日を過ごしている割には、我ながら偉いと感じる今日この頃。笑

今日は久しぶりに COUNT DOWN TV を見ながらの更新になっていますが、ヤバイです、知っているアーティストがあんまりいない…。かろうじてジャニーズは知っているけど、その他のバンド系の人たち、マジで知らん!

歳を食ったせいか、音楽にはめっきり疎くなり&基本洋楽しか興味が無いんで、カーリー・レイ・ジェプセンの名前を聞いた時だけちょっとホッとしました。(^^;

カーリー・レイ・ジェプセンと言えば、この曲が有名ですね。

でも、今日COUNT DOWN TV 流れてたのはこちら。

どっちもキャッチーな曲で、何だか陽気な気分になりますね。なかなか良い曲で、頭の中に残りますね〜。

さて、今日は金沢旅行第二弾。茶屋街を歩いてきたので、その茶屋街の雰囲気を写真を交えてお届けします!

ひがし茶屋街

金沢城公園の東に位置するひがし茶屋街。地図でいうと、こんなところになります。

そんなに大きい場所じゃ無いだろうって思ってたんですけど、これが歩いて見ると意外と大きくて。

ウィキペディアによると…

石川県金沢市の地区名。重要伝統的建造物群保存地区であり、ひがし茶屋街(ひがしちゃやがい)の名称で知られる。 南北約130m、東西約180m、約1.8haで、保存地区内の建築物140のうち約3分の2が伝統的建造物であり、茶屋町創設時から明治初期に建築された茶屋様式の町家が多く残る。」

とのこと。確かに伝統的構造物だらけです。雰囲気はこんな感じ。

行った時間的には、大体午後3時くらいになります。なので、すこーし日が斜めに差してきてる感じで、より情緒溢れる景色になってます。見てわかるように、道の両脇には古き良き茶屋街の雰囲気をそのまま残した建物が立ち並んでて、カフェになってたり、お土産やさんになってたり、陶芸家やガラス細工の作家などの作品を扱うお店があったりします。何とも小洒落た街って感じで、どの店もセンスが良かったです。

街中に立っている柳の木も、町並みに良い雰囲気を醸し出しすための要素の一つですね。これがある、無いによってだいぶ雰囲気が変わると思います。

夕方の日差しが差し込んでいるひがし茶屋街です。茶屋が夕日に照らされて、オレンジに光輝いてました。まともに見ると、本当に目を背けたくなるくらい眩しく輝いててビックリしました!

ひがし茶屋街、本当に良いところでした。ここに行ったら、お麩のお店に行って購入することをオススメします。金沢のお麩、本当に美味しんですよ〜。

主計町茶屋街

こちらは、ひがし茶屋街に比べると圧倒的に規模が小さいですが、情緒溢れる街並みはひがし茶屋街に決して劣らないです。むしろ、雰囲気だけならこちらの方が情緒あふれてるとボクは思います!

さて、場所はというと

ひがし茶屋街からめちゃくちゃ近いです!

なので、ぜひ行くべし!次の写真を見れば、行くべきと思ってくれる…はず!

どうです?こじんまりとはしてますけど、とても閑静な茶屋街です。

うーん、道が狭い。けど、雰囲気はバッチリ!

細い路地にあった階段の上から撮った写真です。これも雰囲気バッチリですね〜!

今にも芸者さんが着物着て歩いてきそうな、そんな感じがします。

ボクが行った時は、時間的にほとんどの店が閉まってたので本当に静かでしたけど、下手に観光地化されてしまってるひがし茶屋街に比べて、だいぶ落ち着きました。

金沢に行ったら、こちらの茶屋街にもぜひ足を運んで見てくださいね。心の保養になること間違いなしです!

終わりに

金沢は、街中を歩けば歩くほど街の良さが伝わってきます。この茶屋街もその一つで、住んでる人が本当に羨ましい限りです。また行きたいなぁ〜〜〜。

さて、次はこの日の夜に堪能した、金沢おでんの話でも。

ではまた。

【日本の美を求めて】金沢にある日本を堪能してきたよ!(Part1 尾山神社)

皆さん、こんばんは。

週末ブロガーのマッサーです。笑

さて、今日も久しぶりの投稿ということで、まずは日本には嬉しい話題から。

カズオ・イシグロさん、ノーベル文学賞の受賞、本当におめでとうございます!同じ日本人として、とても嬉しく思います。こうして世界で活躍する日本人を見てると、「自分も頑張ろー!!」って思えてくるので良いですね♩

これを機に、ボクもカズオ・イシグロさんの本を読んでみようかと思います。ひとまずはこの辺りからでしょうか。

 

さて、話は変わりますが、先週遅ればせながら夏休みを取り、金沢に旅行に行ってきました。古き良き日本を、4日間かけてゆっくりと堪能してきたんですけど、その中でも特にオススメだった場所をご紹介します!

尾山神社

金沢についてまず真っ先に行ったのが、加賀百万石の藩主・前田利家にゆかりのあるお寺「尾山神社」です。本当はスケジュールには全く無かったんですけど、たまたま道を歩いていたら大きなお寺があるぞ!っていうことで立ち寄って見ました。

そんな軽い気持ちで立ち寄ってみたんですけど、これが予想以上に感動ものでして。

まずは尾山神社の場所から。

地図を見ても分かる通り、金沢城公園からほど近いところにあります。もちろん、あの有名な兼六園の近くでもありますね。

まずは神門から

まずは神門の写真をどうぞ。

神門の正面

どうですか?

この和洋折衷っていう感じが伝わってくる神門、立派ですよね!

明治8年の建築で、和漢洋の三洋式を混用した異色の門として全国に知られ、兼六園と共に金沢市のシンボルにもなっているそうです。第一層が戸室石(角閃安山岩)、第三層は四面五彩のギヤマン張りになってます。ちなみに、第三層目に設置された避雷針は、日本最古のものです。このギヤマン張り、正面からではあまりよく分かりませんよね。(時間帯が悪いのか、日の角度が悪いのか…。)

で、裏から撮った写真がこちら。

神門の裏側

どうです?これでギヤマン張りの部分がよく分かりますかね。(ステンドグラスみたいな部分ですよ〜。)

ちょうど正門の方から日の光が差し込んでたんで、裏から見た方がその日の光が透けて綺麗に見えますね〜。神社があるところにギヤマン張り。合わないような気もしますけど、実際に見るとこれもまた情緒があってすごく良かったです。金沢に行ったらぜひ見るべし!

拝殿

で、一番大きいのがこの拝殿ですね。

拝殿

真正面から見た拝殿になりますが、まさに威風堂々としていて、戦国武将・前田利家とその正室・お松の方が祀られているにふさわしい雰囲気を醸し出してました。思わず拝んでしまいます。(神社だから拝むのは普通?笑)

斜めから見るとこんな感じになりますが、これも眺めていると趣があってあきないです。

拝殿

こちらも本当に立派に見えますね〜。何と言ってもこの重厚な屋根の造りが何とも言えず、日本の美の代表のように見えます。金沢旅行に行くのなら、やっぱり1度は見てもらいたいスポットの1つですよね。

終わりに

金沢の旅の記録、初回は尾山神社でしたが、どうでしたか?

金沢城、兼六園、東町茶屋街なんかと比べると知名度は少し低いかもしれませんが、その知名度とは裏腹にかなりのおすすめスポットになってますんで、金沢旅行を考えている人は、観光の候補に挙げてみてください!

それではまた。

【お知らせ】TIMEXとスピングルムーブの紹介HPを新規作成します→ぜひ見に来てね!!

皆さん、こんばんは&お久しぶりです!

ブログを書くのもなんだかんだ言って2週間ぶりぐらいになってしまいました。その間何をしていたかというと、

  1. ひたすら仕事をしていた
  2. 遅ればせながら夏休みを取り金沢に旅行に行っていた

ってところなんですが、それにしても更新がご無沙汰になってしまいました。(^^;

金沢旅行については、また時間があるときにでもボチボチ書いていこうと思いますので、皆さん今しばらくお待ちくださいね。

さて、今日は表題にもさせていただいた通り

【お知らせ】TIMEXとスピングルムーブの紹介HPを新規作成します

についてになります。

【お知らせ】TIMEXとスピングルムーブの紹介HPを新規作成します

今回、なぜこんなことを思い立ったかというと、「WordPressはブログには強いけど、物の紹介とかにはデザインがちょっと…」って感じたからです。いや、多分ボクの美的センスが少し足りなかったりするのが原因なんでしょうけど、もう少し綺麗にサイトを作ってみたいなぁということで、WordPressからちょっと離れてHPを作ってみようと思った次第です。

なので、いずれ以下のページ

については閉鎖しようと思いますので、その際にはまたアナウンスさせてもらいます。

で、今回のHP立ち上げには、以下のサービスを利用させていただきました。

Wix.com

世の中には色々なHP作成サービスがあると思うんですが、そんな中でもボクはWix.comというサービスを使わせていただくことにしました。

理由は

  • HTMLを書かなくても、部品のドラッグ&ドロップでHPが作成できる。
  • ブラウザを使用しての編集なので、OSなどの環境を選ばない
  • デザインが豊富で洒落たHPが作成できそう

ってところなんですが、実際に使ってみた感じ、なかなか良さそうなHPが作成できそうで、ちょっと楽しみです。

ちなみに、今のところこんな感じに仕上がっています。

あっ、内容はこのブログで書いたものと変わらないですが、見た目は圧倒的にオシャレになっている…と思います。(^^;

まだ、スピングルムーブのページは作成できてませんが、こちらもきちんと作り込んでいきますので、そうしたら皆さんにみていただければ非常に嬉しい限りです。

終わりに

新しいものに挑戦するのって、なんだかんだ言って楽しいですよねー。普段の仕事に興味がどうしても持てなくなっている今、何か自分の興味のあることで、今後の人生が広がっていかないかなぁって思っているので、これが色んなことに繋がっていければと思います。

ではまた。

【茨城のイベント】水曜どうでしょうキャラバン(那珂市)に行ってきた→藤村D最高!!

皆さん、こんばんは。

三連休も今日が最後。この連休中は台風が日本列島を直撃し、九州を中心に甚大な被害が出てしまいましたね…。この時期、台風が多いのは確かなんですが、なんだか昔よりも台風の被害が酷くなっているような気がするんですけど、これも地球温暖化とか、気候変動の影響を受けてるんでしょうかね。いずれにせよ、被災された地域の、1日も早い復旧を願うばかりです。

さて、そんな暗い話題もありますが、今日の関東は台風一過で真夏の炎天下の中、茨城県那珂市で開催された「水曜どうでしょう DODESYO CARAVAN 2017」に行ってきました!

って、皆さん「水曜どうでしょう」っていう北海道テレビのローカル番組、知ってますか?

「水曜どうでしょう」とは?

水曜どうでしょう」は、1996〜2002年まで北海道テレビで放送されていた、旅をメイン?にしたバラエティ番組になります。

基本的には、今では人気俳優になった大泉洋さんと、その大泉さんが所属しているクリエイティブオフィスキューの代表である鈴井貴之さん(通称ミスター)、藤村忠寿ディレクター、嬉野雅道ディレクターの4人が無謀な旅をこなしていくっていう番組なんですけど、いやぁ、これがまぁバカみたいに面白い!!

どれだけ面白いかは…知りたければ是非ともDVDを買ってでも見るべしですよ!

大泉さんだけではなく、今ではチケットを取るのも難しくなってしまいったチームナックスの安田顕さんなんかも出てます。しかも、メチャクチャ面白い&ありえないことをされています。笑

これ、絶対見るべきです!!

水曜どうでしょう DODESYO CARAVAN 2017 in 那珂市

ということで、大好きな藤村Dが生で見られるということで、今日は茨城県那珂市で開催された「水曜どうでしょうキャラバン」に行ってきました!(水曜どうでしょうの魅力のでもある、藤村Dの喋りと笑い声が生で聴けるということで、もうテンションMAXでした!)

で、会場は那珂総合公園。臨時駐車場は会場から結構離れていて、シャトルバスが出てたんですが、そのシャトルバスがこちら。

どうです、この電光掲示板!ふざけてますよねぇ。笑

でも、このふざけっぷりがまたたまらなく嬉しいんです!「常に初陣」良い言葉だぁ。・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・

んで、会場についてからまたバスを発見。

すごい落書きだらけの路線バスが飾られていたんですが、これ、このままの状態で那珂市内をしばらくの間走らせるんだそうです。まさに町ぐるみの「水曜どうでしょう」祭り状態。う、羨ましすぎる〜!

そして、会場には大型トレーラーが1台あって、どうやらこれが色んな催し物のステージになるようです。

ということで、何か曲的なものが始まった模様。「黒色すみれ」というグループだそうです。が、自分、知らないです。スミマセン。(^^;

で、ボーッと聴いていたら、聞き慣れた声が…

あ゛〜〜〜!藤村D!!

青い水玉のTシャツをきているお方こそ、ボクの大好きな藤村Dではありませんか!超感動です!!

この後、なんでも公開でラジオの収録をするっていうことで、この会場に集まった人の中から、3、4人募ってお悩み相談が始まったんですが、これがまた聞いてて良い話もあり、そうかと思えばいつもの語り口調でメチャクチャ面白い話もあり。一番最初の相談者には「なんだ?痩せてえって相談か?ライザップ行けよ!」から始まって、「あ〜、いつもの藤村Dだ!」って勝手に感動してました。

で、ここに出てた出店でご飯食べて、生の声を聞いて、満足して今日1日を終えさせていただきました。「水曜どうでしょう」、本当にありがとう!!

ちなみに、今日の戦利品はこちら。

知る人ぞ知る、ミスターと大泉さんが原付の旅で被っていたヘルメット…のストラプです!

いやぁ、満足な1日でした!!

終わりに

「水曜どうでしょう」を知らない皆さんは、今すぐYouTubeでもなんでも見てください。そして、一緒に楽しみましょう!!

はぁ、今日は感じたことを昼の勢いそのまま書いてしまった…(^^;

【オススメ時計ブランド】TIMEXにニューモデル登場→カッコ良いよ!

皆さん、こんばんは。

今日はここ最近ではありえないくらい早く仕事が終わり、何とか20:00には家に帰ってきました。正直、メッチャ嬉しいですわ〜。あ、明日からはまた残業の日々ですけど。(^^;

さて、最近あまりWEBを見ることも出来なかったんですけど、今日は時間が出来たので久々にTIMEXのホームページを覗いてみました。そしたらビックリ!

Σ(´∀`;)

新しいモデルが登場してるじゃあないですか!!

これがまた結構格好良いので、今日はこのモデルの紹介をしたいと思います。ちなみに、これまで紹介したモデルはこちらですよ〜。(お気に入りのものを紹介するHPを作成しました!)

​To Wear Freedom ​〜好きなものに囲まれよう〜

ステンレススチールキャンパー プラ

 

2017年1月に日本限定1,500本で発売されるとすぐに完売となった『ステンレススチールキャンパーのミネラル風防モデル(ケースバック刻印入り)の後継モデルだそうです。(TIMEXホームページから転載させていただきました。(^^;))

ミリタリー色が強いキャンパーの予約商品見たいですけど…メッチャ格好良いですねぇ〜!

キャンパーは、だいたいケースがレジン素材なんですけど、このステンレススチールキャンパーに限ってはステンレススチールになってて、他のキャンパーよりも見た目に高級感が感じられますね。少々残念なのは、キャンパーシリーズには「インディグロナイトライト」が付いてなくて、例外なくこのステンレススチールキャンパーも装備されていない模様。でも、このフォルムであればインディグロナイトライトが付いてなくても人によっては満足できますよね。

スカイライン

 

お、大人だぁ…ため息が出るようなフォルムです。TIMEXにはちょっと珍しい感じでしょうか。

世界で最も有名な都市、に集まる国際色豊かな人々をイメージした新モデルなんだそうです。(TIMEXのホームページより(^^;))

都会的なデザインと文字盤に施された放射状のパターンが、手首に華やかな印象を与えます!とのことですが、確かにこの模様は時計としては珍しいですよね。ビジネスマンがスーツに合わせるのに、さりげないオシャレになりそうな気がします。今はスーツをきる仕事をしてないので、ボクにはちょっと合いそうにありませんが、出張に行くときには着けたいなぁって思わせる一品です。

終わりに

今回紹介したモデルも、だいたい値段が15,000円程度というリーズナブルなTIMEX。でも、このぐらいの値段でオシャレな時計がつけられるなんて、とってもお得に感じますよね。ものも悪くないし、やっぱりTIMEXは勧めるに値する腕時計です!

それでは。

 

【茨城グルメ】ここでも美味しいかき氷が食べられるよ!「ライブ&ライブラリーカフェ202」

皆さん、こんばんは。

今週は奇跡的に2日連続の投稿になります。こうして自分の時間が持てるのって幸せですねぇ〜!

特に、今日は天気も結構良くて散歩日和…ってちょっと暑かったけど、風が気持ちよくて散歩しててもすごく気持ちが良かったですよ。歩数にして1万歩弱。いやぁ、よく歩いた!!

で、今日は歩いてどこに行ったかというと、この夏も色んなところで色んな人に食べられたであろう「かき氷」です。

以前、笠間の「雪みるく」というかき氷屋さんを紹介しましたね。

ここももちろん美味しかったんですけど、今度はちょっとケーキっぽいかき氷のご紹介です!

ライブ&ライブラリーカフェ202/水戸

ちょっとお店の名前が長いので覚えづらいんですけど、そこは勘弁してくださいね(^^;

お店の場所

行ったお店の名前は「ライブ&ライブラリーカフェ202」。水戸の芸術館からほど近いところにあります。

すごくこじんまりとしたお店で、ちょっと分かりづらいかもしれないです。行くときには店の外観をきちんと確かめて、お店に入ってくださいね!

お店の中は?

ちなみに、本業はカフェとかかき氷屋さんとかではなく、音楽関連みたいです。

こちらがお店の内観になるんですけど、ギターやらウクレレやらがたくさん並べて飾ってあります。すごく雰囲気のある、良い感じのカフェって感じです。

ほほぉ、なるほど、音楽の方がメインっていうのは何となく分かるゾォ…

って、聞こえてくるお客さんとオーナーさんの本業に関する会話に心の中で頷いてました。

机の上はこんな感じ。

何やら可愛らしいものが飾ってある…と思いきや、ガバッと口を開けた得体の知れない置物が。笑

机の上にまでちょっとしたオブジェを置いて、なかなか細かいところにまでお店の方のこだわりが感じられますね。さらにこの机、写真では分かりませんが、実は古い足踏みミシンなんです。いやぁ、こだわっていらっしゃる!

これは期待大です!!

肝心のかき氷は?

さて、ようやく出てきました!

ちょっと画像が大きくてスミマセン(^^;

でも、はっきりとどんなかき氷か分かるでしょ?

これは、季節限定の黄桃ラズベリーのかき氷です。黄桃の下に敷いてある白いフワッとしたのは、なんと生クリーム

氷自体はそんなにフワッとしてる訳ではないんですけど、このラズベリーと黄桃と生クリーム、冷たい氷の四重奏はかなり心地の良い和音を奏でてくれました。黄桃と生クリームだけだと甘すぎるところですけど、ラズベリーの少し酸っぱい感じがうまく味を引き締めて、さらに氷の冷たさですっきりとした甘さに変えてくれます。こりゃ美味い!

ケーキを意識したこのかき氷、食べる価値ありですよ〜!

で、次に運ばれてきたのはこれ。

こちらは秋らしく、巨峰と梨とイチジクのかき氷。梨はカルピスでマリネにしてあって、珍しい感じのかき氷ですね。でも、この梨のマリネがまた初めて食べる美味しさで、梨とカルピスってこんなに合うんだーって新しい発見をしました!

このマリネが氷の中に隠れてて、そのお陰でかなりひんやりして最高でした。上に乗ってる巨峰たちも、良い感じのコンポートになってて、甘すぎない上品な大人の味に仕上がってます。最初の桃のやつに比べると、同じように生クリーム乗ってはいるけど全体的に甘さ控えめって感じですね。

どちらのかき氷も…

どちらのかき氷も見た目がケーキを意識してて、言うなればかき氷のケーキって感じでしょうか。生クリームもケーキ感を出してるし、その上に乗っているフルーツ類もケーキに乗っててもおかしくない感じだし。味もそうですけど、見た目でも楽しめるかき氷でした。ちょっと値段はお高く、1つ1000円前後にはなってしまうんですけど、値段分の満足感があると思います!

終わりに

今年2回目の、お店でのかき氷。今日は長い時間歩いた後の氷だったんで、より一層美味しさを感じました!ケーキ仕立てっていうのも面白かったし、味、お店の雰囲気も申し分ないと思います。

かき氷を美味しく食べられる季節もあとわずか。この店は、時間があるときに積極的に足を運んでみて、ぜひ味わってみると良いと思いますよ。

それではまた。

【茨城グルメ】隠れ家的ラーメン&餃子屋さん「心華」に行ってみた!

皆さん、こんばんは。

完全に週末ブロガーになってしまっているマッサーです。仕事が忙しすぎて、平日更新する暇が全然ありませんっ!仕方ないですよね〜、しがないサラリーマンは頑張って働いてお金稼がないと生きていけません!なので、頑張って働かないで、儲ける仕組みを何とかして考えていこうと思う今日この頃です(^^;

ということで、今日は久しぶりの投稿になりますが、今唯一の楽しみになっている「美味しいものを食べる」っていうところで攻めてみようと思います。で、早速ですが、最近知った隠れ家的なラーメン&餃子屋「心華」さんに本日足を運んでみましたので、こちらのレポートをどうぞ!

心華(ラーメン&餃子)/笠間市

さてさて、今日のランチは久しぶりの外食となりました。最近ずっとラーメンを食べたかったんですけど、土日になると溜まってた疲れを一気に解消したくなってしまうせいか、スーパー銭湯に行ってみたり家で昼寝してしまったりでして…。今日は意を決して最近知った「心華」というラーメン&餃子屋さんに行ってみました。

ラーメンは2種類。普通のラーメンとチャーシューメンのみです。今日行った時にはすでにチャーシューメンは売り切れていて、普通のラーメン大盛りと餃子を注文。本当はライスが食べたかったんですけど(無類のラーメンライス好きなもんで)、ライスは無いようで、代わりに餃子を勧められました。でも、餃子は注文して正解!

ラーメン!

で、実際に食べたラーメンはこちら。

いや〜、久しく食べてないとっても上品なラーメンです!

スープは昆布煮干し、それとオーブンで焼いた生姜がベースらしく、お店のおかみさん(?)が丁寧に説明してくれました。なるほど、確かに魚介ベースではあるんですけど、透き通ったスープからも分かるようにそんなに濃い味ではなくて、どちらかというとスッキリとした醤油味に仕上がってます。これなら、脂っこいのが苦手な人でもさらっと食べられますね。

で、後から効いてくるのが生姜。食べ進めれば進めるほど、体がポカポカと暖かくなって、全部食べ終わる頃にはスープの暑さも絡まって一気に汗が出てきました!お店の中はクーラーが効いてるのに、何故か汗をダラダラかくという結果に…(^^;

麺は細縮れ麺って感じですかね。細いんで極端な麺のコシは無いですけど、細麺にしてはそこそこしっかりした麺で、あっさりしたスープにきちんとマッチしてました。

チャーシューは、とにかく厚い&デカイ!

トロトロにとろけてしまうタイプではなく、しっかりとした肉の歯ごたえがあります。ボクは肉の食感がきちんとある、この手のタイプのチャーシューの方が好きです!!

餃子!

さて、続いては餃子。

写真じゃ分からないかもしれないけど、とにかくデカイ!

これ、実際には握りこぶし…まではいかないけど、その半分以上はあるビッグサイズですよ。机に運ばれてきた瞬間はちょっとビックリしますね。

肝心な味はというと…これはかなり美味い!

餃子というよりも肉まんに近い生地で、ニンニクがたっぷり入った野菜中心の餡が所狭しと詰まってます。これ、生地がカリッとしてて、揚げ餃子みたいな感じになってます。5個1皿になってますけど、全部一人で食べようとしたら多分ラーメンは全然お腹に入らないかと。(^^;

餃子もこの1種類、野菜餃子しかないけど、これだけ美味きゃ十分です。おそらく、この店はリピート決定ですね!

肝心のお店の場所はこちら。

看板が出てないんで、迷わないようにナビに設定してからお店に向かうことをオススメしますよ!

終わりに

いや〜、やっぱりラーメン&餃子って最高ですな〜!!っていう一言に尽きます。笑

今日はこれ以上余分な言葉で締める必要はありませんね〜。

それではまた。