【趣味/洋楽】この人やっぱり天才!(ティム・クリステンセン)Part2

LINEで送る
Pocket

皆さん、こんばんは。

今日はちょうど週のど真ん中。あと半分頑張っていきましょう!幸いにも、明日も気温はそんなに上がらず(と言っても、夏なのでもちろん25度以上にはなるんですが)、過ごしやすいと思うんで、きっと仕事もはかどる…はず。

(あぁ、はかどってもまた来週から新しい内容の仕事が待っているかと思うと気が重い…。)

あっ、スミマセン、大きな独り言を言ってしまったようで。(^^;

さて、今日はロト7の続きの話をしようと思ったんですが、現在まだ過去の当選データをゴニョゴニョとしている最中なので、報告はまだちょっと先かなぁ。ということで、こういう疲れた時に癒される曲、しかもボクが天才だと崇拝してやまない、ティム・クリステンセンの曲にしようかと思います。

ソロ活動時のティム・クリステンセン

Dizzy Mizz Lizzy のボーカル&ギター、ティム・クリステンセンですが、1998年のDizzy Mizz Lizzy解散後、1年の充電期間を経て2000年からソロアーティスト活動を開始しました。ソロアルバムではギター以外にも様々な楽器を演奏し、一部の曲では全ての楽器を演奏するという、恐ろしいぐらいの多才ぶりを発揮しています。歌もうまい、楽器はなんでもできる、メロディラインは頭に残り続けるような素晴らしい構成、まさに「天才」っていう言葉がふさわしい、自信を持って「1回で良いから聴いてみて!」ってオススメできるアーティストですね!

さて、そんな天才が奏でる曲を、今宵はじっくり聴いていただこうではありませんか!

 

Love Is A Matter Of

ウゥ、なんてやさしい歌声なんでしょう!

曲も素晴らしく綺麗で、そこに乗るティムの歌声がこれまた抜群に綺麗ですよね〜。なんだかすごく癒されます。聴けば聴くほど、この人は才能の塊なんだなぁって実感させられますね。

ちなみに、こちらはソロ活動時の1stアルバム「Secrets On Parade」からの1曲です。

Rise And Fall

このアコースティックギターと、ティムの歌声が…思わず鳥肌が立ってしまいます。特にサビの高温の部分!素晴らしいですよね〜。高く透き通った声が響くと、もう完全にティムの世界観にどっぷりと浸かってしまいます。うーん、いつ聴いても歌上手いなぁ〜。( ^ω^ )

こちらはDizzy Mizz Lizzy時代の曲をティムがアコースティックバージョンで演奏したもので、オリジナルよりも渋く仕上がってると思います。原曲は、Dizzy Mizz Lizzyの1stアルバムに収録されています。

【趣味/洋楽】超オススメの北欧バンド!Dizzy Mizz Lizzy(アルバム:Dizzy Mizz Lizzy)

さて、今日はこの2曲ぐらいにしてと。(^^;

終わりに

やっぱりねぇ、良いもんは良いんですよ!

ティム・クリステンセンこそ、天才って言葉が合うアーティストはいないんじゃないかなって思います。デンマーク出身ってところが、アメリカでもイギリスでもなく、個性的な曲を生み出している要因の一つになっているんですかね〜。

また、夏の暑苦しい日に、素敵な音楽を届けたいと思います。

それでは。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です