【茨城の重要文化財】水戸八幡宮に行ってきました!(そして怪しい人発見!!)

LINEで送る
Pocket

皆さん、こんばんは。

今日で6月も終わりですね。今月も1ヶ月過ぎるの早かったなぁ。でも、この調子で梅雨も早く過ぎてしまうことを願ってやまない今日この頃です。

だって、ジーパンは何だか太ももにジトーってくっついてくるし、気温が高くなると湿気と相まってジメジメ感が増して肌が気持ち悪いし。少なからず同じ思いをしてる人は…きっと何人かは居るはず!!

 

さて、話は変わりまして。

先日のブログの最後に「水戸八幡宮」の話を出させてもらったのを覚えてますか?

【今が旬!】水戸あじさい祭り in 保和苑 に行ってきました!(Part2)

こちらも保和苑に行った時に立ち寄ったので、ちょっとご紹介しますね〜。先に言っちゃいますけど、ここも雰囲気があって良いところですよ。ここも保和苑に並んであじさいの名所で、5000株のあじさいが植えられています。

水戸八幡宮

場所は水戸駅から少し離れてるところにあるので、歩きで行くには少ーし遠いかなぁって感じです。なので、以下の地図を頼りに訪れてもらえれば良いかと。あっ、最近はナビが車載されていることがほとんどだから必要ないって?(^^;

随神門から見る拝殿

で、この場所にたどり着くと、ちょっと縦長で見づらいかもしれませんが、こんな風景を見ることができます。

随神門越しに見る拝殿

これは、水戸市有形文化財に指定されている随神門と、その随神門越しに見る拝殿になります。もちろん、この拝殿も有形文化財ですよ。

ここから見るだけでも、かなり雰囲気がありますよね〜。屋根の雰囲気とか、とても歴史を感じます。歴史に関しては、最後にきちんとお教えしますので、それまではしばし写真を眺めて楽しんでくださいね。

ここで気になるのは、拝殿の手前にある輪っかと…その中に見える白い人…なんですが、この白い人、何だか怪しい行動をしてる?Σ(´∀`;)

拝殿と茅の輪くぐり

水戸八幡宮

随神門をくぐって拝殿に近づいて見ました!やっぱり近くで見ると、雰囲気がありますね〜。

で、何やら輪っかのようなものが先ほどから気になってたのですが、これは「茅の輪くぐり」といって、この輪をくぐり越えて罪やけがれを取り除き、心身が清らかになるようにお祈りするものなんだそうです。ちょっとやろうと思ったんですけど、この日は全然人がいなくて、そんなところで輪っかを何度も潜るのが少し恥ずかしく、結局断念してしまいました。

もう一つ気になるところで…輪っかの奥の白い人…賽銭箱に腕を突っ込んでゴソゴソやってる!?

 

あ〜〜!!賽銭ドロ!!!

 

…って思ったら、水戸八幡宮の人でした。危ない危ない、危うく通報するところじゃん(^^;

もう少し拝殿をアップで撮ろうと思ってたんですけど、残念ながらすっかり忘れてしまいました。ウゥ〜。そしてさらに重大なミスを。

な、な、なんと!国の重要文化財に指定されている本殿を激写するのをこれまた忘れてしまういう大失態を犯してしまいました!!orz

あまりに残念。残念というか、ここまで来て本殿を写真に収めないって、もはやアホですね。はぁ〜(ため息)。なので、こちらは後ほど、水戸八幡宮のホームページをご参照ください。

御神木(イチョウの木)

こちらは水戸八幡宮の御神木になります。

御神木(イチョウの木)

正直、イチョウの木が御神木になっているのを初めて見た気がします。写真じゃあまり大きさが伝わらないかもしれませんが、これ、イチョウの木にしてはかなりの大きさになってます。樹齢800年、樹高42m、 幹周り9mだそうで、実物はかなり迫力ありますよ。また、このイチョウは天然記念物に指定されている「オハツキイチョウ」なんだそうです。今は夏に入ったばかりなので青々と茂ってますけど、秋になったらきっと綺麗な黄色に色付くんでしょうね〜。

終わりに

済みません、今回はなんだか縦の写真ばっかりになってしまって、なんだかちょっと見づらいですよね?

今度はもう少し見やすいように写真撮りますんで、今回は何卒ご容赦を(^^;

さて、明日からいよいよ7月に突入です。今までよりも暑い日々が続くと思いますんで、皆さん熱射病には気をつけましょうね!

ボクもこのブログの通り、外にフラフラと出かけるのが大好きなので、太陽にやられないように気をつけるようにします!

それではまた。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です