【今が旬!】水戸あじさい祭り in 保和苑 に行ってきました!(Part2)

LINEで送る
Pocket

皆さん、こんばんは。

本日2回目の更新になります。1日に2回更新することなんて滅多にないですけど、先日行った保和苑の続きがありますからね。今日は頑張って更新しちゃいます!

【今が旬!】水戸あじさい祭り in 保和苑 に行ってきました!

前回のブログで、二十三夜尊桂岸寺っていうお寺の話をしたと思いますが、今日はこのお寺の雰囲気とか、ちょっと気になるお地蔵さんについて書いて見ようかと。

二十三夜尊桂岸寺

さて、この前話していたお寺さんの写真がこちら。

二十三夜尊桂岸寺

どうです?日光東照宮の陽明門とまでは全然いかないですけど、こうして正面から見るとなかなか立派な構えですよね。全体的には赤を基調とし、そこに煌びやかな金の装飾が施されていて、よく見ると豪華なんです。東照宮にもありましたが、架空の動物「貘(バク)」の彫刻もあって、徳川家ゆかりのお寺ということでこういうところに共通点があるんだなぁと、しみじみ観察してしまいました。

ちなみに、正式には大悲山保和院桂岸寺と言い、地元では水戸谷中の二十三夜尊と呼ばれているそうです。

本堂から繋がる…何だろう?

こちらは本堂から繋がる…何かです。(^^;

スミマセン、詳しくは調べていないので良くわからず…。宝物庫とか、そんな感じにも見えます。祭り事に関連したものを保管しておくんでしょうかね。

DSC_0129

これは、本殿と宝物庫のようなところを繋いでいる橋になるんですが、これがまた結構良い雰囲気を醸し出してるんです。ちょっと気に隠れてしまって良く見えないところもあるんですけど、この橋の向こう側に回ると綺麗に見ることができます。

…えっ?だったら向こう側に回って写真撮れって?笑

延命地蔵尊

延命地蔵尊

二十三夜尊桂岸寺の脇にひっそりと佇んでいる「延命地蔵尊」です。何でも、体の悪いところ〜例えば肩が悪ければお地蔵さんの肩〜をまず撫でてから、そこを水で流して布で拭いてあげると良くなるというお話です。

ちなみに、ボクはお地蔵さんの頭を撫でさせてもらいました。も少し頭が良くなりますよーに。(^^;

ぼけ除けのお地蔵さん?

ぼけ除けのお地蔵さん??

気になったお地蔵さんがいらっしゃいました。

ぼけ除けのお地蔵さん??初めて聞きましたけど、これってお願いをすることによってボケ防止になるんですかね。ボケないで済むならいくらでもお願いしたい!(最近物覚えが悪くてちょっと心配…笑)

終わりに

さて、今回は茨城県内ではあじさいで有名な保和苑の紹介のわりには、一切あじさいが出てきませんでしたが、いかがでしたか?(^^;

あじさいだけじゃなく、こういう歴史的に重要な文化財が保和苑からそれほど離れていないところに点在してて、この辺り一帯は「水戸のロマンチックゾーン」と呼んでいます。水戸に来たら一度訪れて見てはいかがでしょうか?ゆったりとした時間を満喫できますよ!

次は、この「水戸のロマンチックゾーン」の中にある「水戸八幡宮」にでも触れて見ようかな〜。

それではまた!

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です