日光東照宮に行きました(Part3 唐門)

LINEで送る
Pocket

皆さん、こんばんは。

今日も1日色々ありましたが、皆さんはどう過ごされましたか?ボク中ではアメリカのパリ協定脱退表明のニュースが1番大きかったですね。

「トランプ大統領、アメリカを偉大にする前に世界が潰れちゃったら意味ないでしょ!」

って個人的には思うんですけど、どうなんでしょうね。近年ではアメリカでもサイクロン大型化など、異常気象が度々起こってますけど、これらも少なからず地球温暖化の影響を受けてそうに思えるんですがね…。

さて、ちょっと脱線してしましたが、ここからは今日紹介したいものを倩と書きたいと思います。

唐門

皆さん、東照宮の陽明門をくぐった先に何が見えるか分かりますか?白がベースの少し小さめの門が見えますよね。そう、これが唐門です。

東照宮の唐門(全体)

門は、横に人が3人並んで通るのがやっとぐらいの、陽明門から比べたらかなり小さい門です。この先には本殿、石の間、拝殿からなる御本社があり、ここは例祭や祭典が執り行われた、東照宮の中でも最も重要な場所になりますが、唐門はその御本社に入るための大切な門になります。

唐門をくぐれるのは、大名、勅使、幕臣などの、将軍に直接謁見できる身分のものしかくぐれないそうで、現在でも国賓相当の来賓が来た際しか門が開くことはないそうです。が、ボクが訪れた日はたまたま開いていました。もちろん、くぐることは出来ませんでしたが…(^^;

白塗りの門が、陽明門同様にすごく綺麗で、天気の良い日は眩しいぐらいです。これは貝殻をすりつぶした故粉が塗られているらしいですが、こうして遠目から見ても細部にこだわって建造しているのがよく分かります。綺麗なアーチ型の屋根や、白い柱に描かれた降り龍、昇り竜は、当時の技術力の高さが伺えると思います。

東照宮の唐門(アップ画像)

こうして近くで見ると、彫刻の繊細さがよくわかると思います。屋根のすぐ下の彫刻から、扉に施された飾りまで、小さいけれどかなり細部に渡って丁寧に彫刻されてますよね。この白い柱や扉に黒い彫刻、コントラストが抜群に素晴らしいです。

ちなみにこの唐門、陽明門よりも建物自体は小さいですが、彫刻の数は陽明門よりも多く、陽明門が508体なのに対し、唐門は611体もあるんだそうです。この小ぶりの建物に陽明門以上の彫刻の数があるなんて、これに関しては本当に驚きました!でも、実際にこの門を見てると、確かにいたるところに彫刻が施されていて、すぐに納得しました。

こうして1つ1つを丁寧に見てみると、日光東照宮は陽明門だけじゃなく他にも見所がいっぱいだということを改めて感じさせられますね。さすが世界遺産!

あ、今度日光に行く機会があったら、ぜひ唐門の彫刻が何個あるか数えて見てくださいね。笑

次は、徳川家康が祀られているお墓「奥宮」あたりが紹介できればと思います。

それではまた。

良かったら感想をどうぞ↓

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です